新井浩文は韓国語を習得中?在日韓国人3世だけど高校は地元青森の高校を選択


数々の映画、CM、ドラマに出演している新井浩文さん。

独特な雰囲気が特徴で、ミステリアスな役を演じきるその演技力は圧巻です。

今回はそんな新井浩文さんと、韓国語との関係性や出身高校について詳しく掘り下げて行こうと思います!

新井浩文プロフィール

【生年月日】1979年1月18日 36歳
【出生地】青森県弘前市
【身 長】181cm
【血液型】A型

 

新井浩文と韓国語の関係

新井浩文さんの独特な雰囲気は、どこから来ているのか?

それは、少し日本人離れした顔立ちが原因のような気がします。

調べてみると、新井さんは在日韓国人3世で、2005年には韓国籍に変更していることが分かりました。

もともとの国籍は北朝鮮だったようです。

 

そうなると気になるのは韓国語が話せるかということ。

新井浩文さんは、Twitterで韓国語が話せるかどうか?という質問に対して
こう答えています。

『灰皿下さい。しか分かりません。』

どうして、チョイスが灰皿なのか、疑問が残るところですが…。

韓国映画にも出演?

初主演映画「ゲルマニウムの夜」でソウル映画祭に招待された際には、

『韓国映画に日本語が話せる俳優が必要な時は、出演する意思がある。
次に韓国に来る時は一回り成長した俳優として韓国人に会いたい。』

と話しています。

ということは、新井さんは韓国語は本当に『灰皿ください』しか、話せないということなのでしょうか?

生まれも育ちも青森県ということなので、国籍は違っても、新井さんの中身はれっきとした日本人なんですね。

しかし、ソウル映画祭の発言からすると、日本での活躍のみならず、韓国での活動にも意欲的!?

実は、今韓国語を一生懸命勉強している最中、なんてこともあり得るのではないでしょうか?

日本語だけでの出演なんて言わないで、韓国語を使って韓国映画に出演し、韓国の方にも新井さんの良さを知ってほしいですね。

 

新井浩文の出身高校は?

そんな新井浩文さんの出身高校は、どこだったのでしょうか?

もともとは北朝鮮国籍だったということで、やはり、朝鮮学校出身だったのかと思いきや、新井浩文さんの出身高校は、青森県立弘前実業高等学校だそうです。

日本の普通の高校への進学は、新井さんご本人の希望だったんだとか。

2005年に韓国籍に変更をしたということですが、この高校の選択を見ると、やはりご自身の国籍のことで困惑していた時期があったのでしょうか?

今では韓国籍を取得し、また、それでも日本人としてのご自身の人生の過程をしっかり受け止めていらっしゃるのでしょうね。

そんな、新井さんの潔さが現在のオーラや俳優としてのキャリアを支えてるのかなと感じます。

改めて、かっこいいなぁと思います。

ちょっと怪しい?でも、妖艶?な新井浩文の今後に期待!

今まで数えて、3回は街で職質をされてしまったという新井浩文さん。

ただ歩いていただけなのに、おまわりさんに声をかけられてしまうんだそうです。

きっと、あのオーラが怪しい感じを発してしまうのでしょうね。

でも、個人的にはあのオーラこそ妖艶で素敵だなと思うのですが、皆さんは如何でしょうか?

これからの新井さんは、唯一無二の俳優さんに成長していくことでしょうね!

今後の大活躍に期待大です!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ