山本耕史の元カノ達と堀北真希の共通点が見えてきた!この結婚が日本の未来を明るくするか!?


女優の堀北真希さんと俳優の山本耕史さんが、8月22日に入籍したことを発表されました。

モテ男山本耕史さんもいよいよ年貢を納めたかと、これまでの元カノ達を振り返ってみると、かつての恋人たちと堀北真希さんとの共通点が見えてきました。

ヅラ疑惑もある山本さんですが、お付き合いから数ヶ月でのゴールインとは、どんな魅力があったのでしょう。

そこまであわてて夫婦という形をとったお二人のスタイルに、日本の未来を明るくしてくれそうな予感がします。

 山本耕史 交際のきっかけは「嵐が丘」

山本耕史さんと堀北真希さんとのお付き合いのきっかけは、今年5月に共演した舞台「嵐が丘」。

ヒロイン・キャサリンを堀北さんが、孤児・ヒースクリフを山本さんが演じました。

ちなみに、お二人の最初の共演は山本さんが今回入籍を発表した文書で明らかになっています。

2009年「アタシんちの男子」で初めて出会い、そして今年5月「嵐が丘」での共演まで約6年、願ってのこの度の入籍となりました。

何とも微妙な文章です。

「願ってこの度の入籍」とはどう解釈すればいいでしょうね。

もしや「嵐が丘」での再共演以前に、恋はスタートしていたのかもしれませんね。

後々、明らかになることを期待しましょう。

 

元カノ達の2つの共通点

そんな山本さんですが、これまでいろんな元カノとの噂がありました。

2003年には、松たか子さんとフライデーされました。

2005年には、牧瀬里穂さんとの熱愛が噂されました。

2006年には、上原多香子さんとのフライデー。

2007年には、佐藤江梨子さんとのフライデー。

2008年には、スザンヌさんとフライデーされ、交際宣言するも破局。

2009年には、中越典子さんとフライデー。

なかなか豪華なラインナップですね。

 

そして、ここにある共通点が見えてきます。

それは元カノ達とのお付き合いが「共演」からスタートしているということ。

これは、上記にも書いたように、堀北さんも同じです。

スザンヌさん以外は女優さんとしての共演ですが、スザンヌさんもバラエティ番組で山本さんと共演されたのがきっかけだったようです。

芝居の現場では、その作品をよいものにするため、共演者とのコミュニケーションを積極的にとるという山本さん。

そんな山本さんの姿勢が、さらなる1歩に繋がったんでしょうね。

さらなる共通点を発見

そしてもう1つ、ある共通点に気付きました。

それは元カノ達が山本さんとお付き合いした数年後には、皆さん結婚されているという点です。

スザンヌさんのように結婚後に離婚、
上原さんのように結婚後に死別、
というパターンもありますが、それでもここまで付き合った女性たちが幸せにゴールインするとは、山本さんって女性を幸せにする何かを持っているんでしょうか。

山本耕史の魅力とは?

0歳の頃から2つ年上のお兄さんと共に、モデルとして芸能活動をスタートしたという山本さん。10歳のとき「レ・ミゼラブル」で舞台デビューされています。

山本さんの演じることの原点は、喜劇王チャップリンなんだとか。

その作品を幼い頃から見てきたことで、

自分が良いと思うもの、かっこいいと思うものを信じ、ぶれないスタンスが確立されている

と、周囲の人間は見ているようです。

お芝居の関係者からの山本さんの評価はとても高く、その演技力はもちろん、プラスアルファが備わっている人だと言います。

観察力があり、常にアンテナを張っている。
ユーモアのセンスが抜群。
才能に加え努力もする人。
苦手なものはすぐに克服しようとするので、何でもこなせる。

などなど…

こんな男性を間近で見る共演者は、心を奪われない方が難しいでしょうね。

現に、「嵐が丘」の舞台稽古で、役に没頭し、客観的に自分が見られなくなっていた堀北さんに的確なアドバイスを送っていたのも山本さんだったとか。

きっと堀北さんにとっては、尊敬できる人なのでしょうね。

「相手を尊敬できるかどうか」というのは、結婚相手のポイントとして最も重視すべき点だそうです。

過去の女性遍歴も巷で噂のヅラ疑惑も、そんな過去のこと、見た目のことは、中身の濃さに比べれば大したことはない!と堀北さんも判断したのかもしれませんね。

 

明るい日本の未来のための契機となれ!

12歳という年の差も、交際から数ヶ月という超スピード婚も気になるところですが、とにもかくにもおめでたいことです。改めて、おめでとうございます。

日本は、すっかり晩婚化。女性の初婚年齢は上がる一方です。

そう考えると、今をときめく女優・堀北さんの28歳での結婚というのは吉報ですね。

これを機に、若い20代の皆さんが結婚の波に乗ってくれると、少しは少子化に歯止めがかかるのかもしれません。

この結婚が、日本の明るい未来へのタ―ニングポイントとなりますように!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ