北斗晶が乳がん切除手術!乳がんの症状やステージについてもう一度学び検査を受けよう


北斗晶さんがブログで乳がんであることを告白されました。

テレビでもブログでも、あんなに元気な北斗さんだっただけに、すでに「全摘出手術」が必要なステージまで病状が進んでいたのかと思うと、がんという病気の怖さを思い知らされます。

ブログでは北斗さんが感じた初期症状が語られ、検査をぜひ受けて欲しいと女性たちに語り掛けています。気になるステージについては、詳しく語られませんでしたが、転移も考えられるのだとか。

世の女性の皆さん、北斗さんの声にぜひ耳を傾けて下さい。

 

北斗晶 乳がん手術をブログで告白

大変ショッキングなブログ内容でした。

いつも私たちを元気と笑顔にしてくれる北斗晶さんの人気ブログで、自身が乳がんであることを告白されたのです。

9月24日の午前中には、右の乳房の全摘出手術を受けられるそう。

「【またね】と言わせて下さい。」

とタイトルされた最新記事では、長いと前置きされながら、がん発見までの経緯、治療のために考えたこと、出演中の番組関係者へのお詫びとお礼、夫・健介さんや息子さんたちへの思い、そして女性の皆さんへの検診受診の呼びかけなどがつづられていました。

記事のアップから10時間で13万を超えるいいねと9000を超えるコメントが寄せられています。

北斗さんの人気と、そんな北斗さんを見舞う皆さんの気持ちが伝わってきます。

 

ブログに見るがん発見の経緯と症状

ブログの記事から、北斗さんの乳がんがどのような状態であるか記してみたいと思います。

 

2015年初め頃、うつぶせで胸を圧迫すると右胸に痛みを感じた。

身内に乳がんもいないし、毎年マンモ検査も受けていたので気にしなかった。

 

春頃、旅行に出かけたサイパンで乳頭の位置が違い、ひきつっていることに気付く。

年齢によるたるみだろうと思う。

 

夏になり、右胸にチリチリする痛み

やっと、知り合いの医者を受診し、組織検査を受ける

7月7日の夜、がんの陽性反応が出たことを知らされる。

翌日には、健介さんが違う病院を手配し、セカンドオピニオンを受けるが、結果はやはり乳がんとの診断。

この時すでに2㎝大の腫瘍となっていた(右乳房・乳頭の真下あたり)。

脇のリンパに転移している可能性もある。

以上が、北斗さんの明らかにされている症状です。

私も北斗さんと同じ世代の女性。身内にも乳がんはいません。

ましてや、北斗さんのようにきちんと検診を定期的に受けられていれば、まさか自分がと思い、そのことで病院を訪れることはしないはず。

でも、それが北斗さんの今回の手術という決断につながる結果となりました。

ここまで北斗さんが経緯を明らかにしているのも、女性の誰しもそうなる可能性があるんだという警鐘だと思います。

 

よくある乳がんの初期症状

乳がんの初期症状で多いのは、

➀しこり

②血性の分泌物

③乳房付近のリンパの腫れ

の3点だそうです。

 

でも、北斗さんは、しこりらしきものは感じなかったのだとか。その代わり、ひきつった感じと胸に「チリチリする」痛みを感じたと言います。

乳がんは12~14人に1人がなると言われている病気。日本人女性が一番かかりやすいがんでもあります。

だからこそ、その初期症状も千差万別。

もし、少しでも疑われるような症状があれば、いくら定期的な乳がん検診を受けていても、

女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳がん検診に行ってください!

と北斗さんは訴えています。

 

北斗晶のステージや転移も気になる

今回、北斗さんのステージは明らかにされていませんが、しこりの大きさが2㎝を超え、脇のリンパへの転移がうかがえるということで、Ⅱ期あたりなのかもしれません。

大きさに関わらず、腫瘍がその周辺にどのようにくっついているかというような状態では、さらに悪いⅢ期という診断がくだるのかもしれませんが、ぜひⅡ期であってほしい、そう願うばかりです。

また、脇への転移の可能性までは想定内のようですが、乳がんは骨や肺、脳や肝臓などに遠隔転移しやすいがんでもあります。

そうならないための、全摘出という判断なのでしょうが、どうか少しでも、がんが北斗さんの体をむしばんでいないことを祈りたいです。

 

世の女性よ!検診へ行こう!

最近髪を切った理由が、実はこのがんに起因するのであることを語った北斗さん。

手術後に始まる抗がん剤治療の副作用を考え、ショックが少しでも少ないよう、髪を45㎝切ったのだと言います。

実は、私もがん経験者です。甲状腺がんでした。

しかし、幸い甲状腺のがんは一番転移がしにくいがんだということで、腫瘍摘出後5年間は定期的に診察を受けましたが、10年経つ今でもこうやって元気に暮らしています。

がんが分かった時、3人の子供たちのことを考えると本当につらい日々でした。

北斗さんは、さらに病状が深刻です。特に、女性として乳房を取ってしまうことの辛さは計り知れないものがあります。

でも、がんは容赦のない敵です。

どんないい人にでも手加減なしに襲ってくるのです。

世の女性の皆さん、もう一度言います。ぜひ検診を受けましょう。自分のために、家族のために。

北斗さん、ぜひまた元気な姿でお会いできることを楽しみにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ