M資金詐欺に消えた田宮二郎!詐欺師・竹ノ下秋道の末路も悲惨だった


10月30日放送の「爆報!THEフライデー」でM資金詐欺が取り上げられます。

詐欺事件のあふれる昨今。

いつの時代も詐欺話に入れあげてしまう人はいるものですが、あの大物芸能人・田宮二郎さんもその詐欺事件が自らの命を絶つ一端となったのです。

そしてそう仕向けた憎き詐欺師・竹ノ下秋道。

人をだまして幸せな人生など待っているはずがなく、彼の人生もまた寂しい幕切れでした。

M資金詐欺とは?

皆さんは、M資金詐欺についてご存知でしょうか。

Mとは、戦後、日本を占領下に置いていたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の2代目の局長であったウィリアム・フレデリック・マッカート少佐の頭文字Mをとったものとされています。

そして、このGHQが押収し集めた莫大な財産が秘密裏に運用されており、その資金のことをM資金と呼びます。

このM資金を貸しますよ、ということで騙し、事務手数料などをむしりとるのがM資金詐欺というものです。

特徴としては、とにかく話の金額が大きいこと。

ですから、それに付随する事務手数料すら、数百万円から数億ということになってしまいます。

いつの時代も詐欺は横行するわけで、そんなニュースを見聞きするたびに、「そんなことに騙される人がいるの?」と思うわけですが、このM資金詐欺にはあの大物俳優も騙されてしまい、最悪の結果を招いてしまったのでした。

 

田宮二郎はM資金詐欺の被害者

俳優の田宮二郎さんが、猟銃で自らの命を絶ったのは田宮さんが43歳の時。

筆者が持つ田宮さんの印象は、クイズ「タイムショック」の司会を務める渋いおじさんでした。

ですから、あのタイムショックのおじさんが死んでしまったと聞いたときは、衝撃を受けたものです。

そして、その死の道を選ぶきっかけの1つがM資金詐欺だと言われています。

詐欺師は、田宮さんに「日本の有為の士にだけの話」と前置きし、2000億円の融資話を持ちかけます。

当時、あまり精神状態の安定していなかった田宮さんは、こんな話にまんまと騙されてしまったのです。

そして、高級マンションや土地を次々と購入。もちろん田宮さんに大した元手はないわけですから、莫大な借金を背負うことになります。その額3億とも4億とも言われるほど。

その後も田宮さんはいろんな事業を進めようとします。中には、海を越え、トンガの石油開発という話にまで及んだようです。

入ってくることもない2000億円という妄想に踊らされ、周囲はおろか、家族のいうことさえ耳に入れず、事業に没頭していた田宮さん。

しかし、話の進んだところで詐欺師がドロン。

何とか目を覚ました田宮さんでしたが、もともと躁状態だった田宮さん。すべてが明らかになった頃には、ひどいうつ状態になってしまっていました。

あのドラマ「白い巨塔」は、田宮さんがまさに事業に没頭していた頃。

そしてドラマの放送が残り2回となった1978年12月28日。自宅の寝室のベッドの上で猟銃を使い、自らの命を絶ったのでした。

 

詐欺師・竹ノ下秋道の悲しい末路

田宮二郎さんの43歳というあまりにも早すぎる死。

何もなければ、どれほどの名俳優になっていただろうと惜しまれてなりませんが、その一因を作った詐欺師と言われているのが竹ノ下秋道です。

昭和3年生まれの竹ノ下秋道は、平成21年に81歳で他界。

田宮さんを騙していた時代は、「関東畜産協同組合理事長」を語り、高級外車に乗って、高級ホテルを泊まり歩くような人物だったとされていますが、その最期は、葬式も出してもらえないほど貧しい暮らしだったと言います。

しかし、実の娘に田宮さんを騙していたとは思っていなかったと語っていて、自分がある人物に紹介してしまったということを、生前後悔していたんだとか。

竹ノ下秋道がその闇のルートのどの位置にいたのかは定かではありませんが、その首謀者ではないかと言われている人物が藤田一郎と言う男性です。

資産家の家庭に生を受け、政治の道に進み、何不自由ない暮らしをしていたはずの彼が、なぜそのような闇のルートの首謀者になったのか。

そのことについては明らかになっていませんし、もちろん藤田一郎が逮捕されることなども生涯なかったそうです。

まさに、闇に葬られてしまったのでしょうか…。

 

詐欺よ!なくなってくれ!!

M資金は本当にあったのかもしれないし、もしかすると、今も存在するのかもしれないとも言われています。

しかし、そのような地下資金を融資ししてもらえるなんてことは、まずありえません。

そんな大きな詐欺事件ではなくても、人間の弱さに漬け込むような詐欺がいつの時代もなくならないことは本当に残念です。

弱者をさらに追い込むようなことができる人間には、本当に腹が立ちます。

そんな人が1人でもいなくなってくれることを祈らずにはいられません。

 

2 Responses to “M資金詐欺に消えた田宮二郎!詐欺師・竹ノ下秋道の末路も悲惨だった”

  1. 業界人 より:

    藤田一郎はゼネコンのフジタ工業の創業者一族で広島出身の人です。藤田一族の口が堅いため詳細は不明です。もう他界しているはず。藤田一族も本業の不振でゼネコンのフジタからは追い出されていますが。

  2. Zoro より:

    何を考えているのか。詐欺師は。人間って哀れですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ