有働由美子アナの年収に驚愕!脇汗でも号泣でも人気持続の理由をブログが証明


NHK「あさイチ」に欠かすことのできない存在、有働由美子アナは、脇汗の件でも号泣の件でもいろんな批判を受けながら、なお、ゆるがない人気を誇っています。

さて、なぜなんでしょう?

その理由がブログにありました!

有働由美子 プロフィール

有働由美子(うどうゆみこ) NHKのチーフアナウンサー
1969年3月22日生まれ O型 牡羊座
大阪府出身
大阪府立北野高等学校を経て神戸女学院大学文学部を卒業

1991年 NHKに入局
最初はスポーツ担当、4年目から担当した「NHKニュースおはよう日本」が東京での初仕事
以後、オリンピック中継・「NHKニュース10」・「あさイチ」などでキャスターの大役を任されることが多い

 

有働アナの年収ってどのくらい!?

有働アナのプロフィールを見ると、役職は「チーフアナウンサー」。

NHKではチーフアナウンサー(CA)の階級は、部長級・部次長級・課長級となり、さらに上の階級はエグゼクティブアナウンサー(EA)と言い、理事待遇・局長級・局次長級になります。

全国の放送局に約500名いるNHKアナウンサーのうち、CAは約10分の1。とすると、有働アナはキャリアも長い分、かなりの年収だと推定されます。

調べてみると、役職手当もあるので年収1800万円だとか。

NHK同期の黒崎めぐみアナで1500万円

日テレの水卜麻美アナで850万円(日テレは給料が安いことで有名です)、

フジの加藤綾子アナで1200万円

今最も勢いのあるフリーアナの夏目三久アナに至っては、1億2000万円だそうです。

有働アナもフリーになれば1億はいくとの予想もありますので、今後の有働アナの年収と身の振り方に注目ですね。

 

有働由美子アナ 生放送で泣きっぱなし

あさイチ」ではもはやお馴染みとなっている、V6の井ノ原快彦さんと有働由美子アナの2人が朝ドラについてコメントする「朝ドラ受け」。

最終回直前の「マッサン」で、番組冒頭から有働アナは感動で泣きっぱなしという事態が起き、井ノ原さんを困らせていましたね。

「マッサン」の最終回前日の3月27日、「あさイチ」にマッサンを演じた玉山鉄二さんとエリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックスさんがゲスト出演しました。

有働アナはオープニングで「鼻水が出ちゃった」と井ノ原さんからハンカチを受け取り、私よりも(演じた)ご本人が泣いているんだもん」と言い訳しています。

なんと、ゲストの玉山鉄二さん、シャーロットさん、さらに通訳の亀岡園子さんまで涙を流すという展開だったのです!

かたいイメージのあるNHKアナウンサーでありながら、素直な感情を隠そうとしない潔い女性である有働アナ。何とも好感がもてますね。

有働アナの脇汗騒動

有働アナといえば、脇汗に対する苦情FAXを番組で自ら読み上げ謝罪したエピソードは有名なのではないでしょうか。

あさイチ」で、本番中の多量の脇汗に、視聴者から苦情メールやFAXが続々と届いたそうで、有働アナ自身がその苦情FAXを読み上げ釈明するという事態になりました。

FAXには、有働アナを励ますものもあったそうですが、見る人を不快にさせるのはマナー違反だと責めるものもあったとか。

後日改めて「なぜか気になるワキ汗」という特集を組み、多汗の専門医に話を聞くなどの大騒動にまで発展しました。

そもそも有働アナは「脇汗は恥ずかしい」という認識がなかったそうで、

「衝撃だった。わき汗が、こんなに人々に忌み嫌われているものだとは、正直知らなかった。確かに額や頬をつたう汗とは違うけれど、そんなに恥じるものとは、思ったことがなかった」

とコメントしています。

本来ならこの開き直りの態度などバッシングを受けそうですが、有働アナに限ってはこれが親しみのあるキャラクターになったきっかけでもあるのではないでしょうか。

 

ブログに人気の理由が隠されていた!!

有働アナのブログを読んだことがありますか?

読んだことのない方は是非一度読んでいただきたいと思います(個人的な意見ですが…)。

すごくテンポが良くて、読みやすい。
結構大胆な物言いなのに嫌味がなくて、それでいて低姿勢。

ついつい読み進めていってしまう魅力があります。

 

最近アップされたブログでは、先輩の渡邊あゆみアナウンサーとの共演のことが書いてありました。

「(中略)

なぜか知らないけど、理由はないけど、昔ヤキを入れられたわけでもないけど、蛇ににらまれた蛙、いや表現間違えた、緊張してしまって身動きがいつもと違ってしまう。

(中略)

それほど後輩思いの方。ということは重々承知しているのに、体育会体質のわたくしの性か、あるいは動物的習性で、ボスには逆らえないとしっぽを巻いてしまう犬的な反応をしてしまったのか、ついつい変な力が入りまして、本番中は久しぶりに緊張で脇汗が。

(中略)

自信をつけ、その自信をちょうど失う時期に、今も手本にしたい、そしてビビっちゃう先輩が存在することのありがたさに、あらためて感謝した一日でした。

(くりかえしますが、本音です。。。。)」

自身を小心者と言っていますが、サラリと大胆発言がところかしこに。

それでいて先輩や周囲への配慮や感謝を忘れない姿勢が、有働由美子アナの人気につながるんでしょうね。

有働アナ、これからも朝のお茶の間をテレビの向こうから盛り上げて下さいね。

One Response to “有働由美子アナの年収に驚愕!脇汗でも号泣でも人気持続の理由をブログが証明”

  1. 田中 雅 より:

      あさイチ 楽しく見ています 
      有働さんの明るい振る舞いがとてもいい
      大好きです ちょと辛口のところが !!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ