バーバラ植村の夫は大会社経営!講演会に出かけて愛とハッピーをもらおう


歌手AIさんの母親、バーバラ植村さん。

かなり個性的なルックスとキャラクターで、大活躍の女性です。

この母にしてこの娘あり、と納得してしまいますが、バーバラさんのような女性を一生の伴侶に選んだ夫はどんな方なのか、気になる人も多いようです。

 

バーバラ植村プロフィール

1948年、アメリカワシントン州で誕生、ロサンゼルス育ち

父は日本人、母はイタリア人のハーフ

長女は歌手のAI、次女はカメラマン・デザイナーのSachi

鹿児島市在住

 

 

バーバラ植村の夫は鹿児島で大会社経営

アメリカ生まれのバーバラ植村さん。

日本人の父とイタリア人の母の間に生まれ、大学卒業後は、銀行員や議員秘書、ビジネスリサーチの会社員として働いていたようです。

そして、不動産の仕事で現在の夫である植村久さんと知り合い、結婚。

1984年に現在のお住まいのある鹿児島に移られました。

AIさんは、アメリカで生まれられたようで、4歳の時に鹿児島に来られたようです。

夫の植村久さんは、鹿児島を拠点に植村グループを展開する実業家。

植村グループは、1951年に創業。

建設業や不動産業、ゴルフ場、ホテル、アミューズメント施設など、いろんな分野で事業を繰り広げています。

グループの年商は数百億とも言われていますから、AIさんも実はとんでもないお嬢様だったということですね。

と、こんな大会社のオーナーながら、家庭での食事作りの担当は久さんなんだとか。

講演や執筆活動、もこなすスーパーな女性ながら、なぜか料理が苦手というバーバラさん。

とてもバランスのとれたご夫婦ですね。

日本に来てからは、いろいろとなじめないことも多かったそうですが、バーバラさんの親の励ましもあって、何とか乗り越えられたんだとか。

きっと、夫の久さんも温かく支えてくれたんでしょう。

 

「ママへ」に見えてくるバーバラ植村の愛

2013年4月に配信限定シングルとしてリリースされたAIさんの「ママへ」。

ロッテガーナミルクチョコレートのCMのために書き下ろされた曲ですが、この詞にはAIさんがこれまで口にすることのできなかった母・バーバラさんへの思いが込められています。

「生んでくれて感謝してる」というのは、多くの人が母親に寄せる気持ちかもしれませんが、

「ウチは他の家とはちょっと違うけど

あなたの子供で本当に幸せだよ」

という部分は、まさに植村家ならでは。

母親がハーフ、自らも帰国子女のクオーターということで、鹿児島のよそのおうちとはかなり違うご家庭だったに違いありませんが、そんな中でもいつも娘たちに寄り添ってくれたに違いありません。

毎朝「I’m happy!」と気持ちを奮い立たせてくれたバーバラさん。

いつもAIさんに「You are my star!」と励ましてくれたバーバラさん。

何より最後の歌詞がAIさんの一番の気持ちを表しています。

「未来の私は

あなたのようになれてるかな?

I hope I can be like you」

親として一番うれしいのは、

お母さんみたいになりたい! お父さんみたいになりたい!

と子供に言ってもらえることだと思います。

親も一人の人間。

最も愛する子供に自分の存在を認めてもらえることは、この上ない喜びです。

私も子供がもう少し成長した時、こんなふうに言ってもらえる母親を目指したいと思います。

 

講演会で愛を振りまく

古希もそろそろ近づきつつあるバーバラ植村さんですが、その活動はパワーの衰えることはありません。

これまでに2000回をこえるという講演会では、バーバラさんの出自を生かした国際理解や国際結婚について、そしてポジティブに生きるための提案やハッピーに生きる方法などを、飽きさせることのない話術と大きな声で、多くの人たちに伝えています。

バーバラさんの武器は何と言ってもその笑顔。

講演会では、実際にその笑顔にふれ、パワーや元気をもらう人が続出するのだとか。

筆者はまだ時間にお目にかかったことがありませんが、ぜひ近いうちに参加してみたい講演会の一つです。

筆者もバーバラさんの前向きな生き方と笑顔を見習って、たくさんのハッピーを引き寄せたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ