渡辺利幹が嫁を埋めて逮捕!南丹市園部町の新築家主が一番の被害者!?


京都府長岡京市の大工・渡辺利幹(としつね)容疑者が、嫁の広子さんを自分が手がけた新築住宅に埋めたという容疑で逮捕されました。

自身が嫁に手をかけたかどうかはまだ明らかではありませんが、それらしきことを供術しているそうです。

遺体をよりによって他人の家に埋めてしまうとは、全く信じられない事件です。

 

渡辺利幹が嫁を埋めて逮捕

渡辺利幹容疑者41歳。

その嫁・広子さん(当時37歳)が姿を消したのは2013年9月の初めごろのこと。

夫である利幹容疑者は、9月8日に、嫁の家出人捜索願を提出しています。

それから2年が経ち、実は、嫁は失踪したのではなく、夫の手によって埋められていたことが明らかになったのです。

この事件が驚きを持って報じられたのは、その埋められた場所

渡辺利幹容疑者は、長岡京市で工務店を経営しており、嫁の失踪当時、長岡京市の北西に位置する南丹(なんたん)市園部町で新築工事に携わっていました。

そして、今回、嫁の広子さんを埋めたと見られているのは、その新築物件の駐車場だと言うのです。

内装工事を請け負っていた渡辺利幹容疑者は、車で広子さんの遺体を運び、駐車場にコンクリートを打つ前に、遺体を駐車場の土の中に埋めたと見られています。

この2年間、どのような捜査が行われてきたかは明らかになっていませんが、捜索願を提出したにもかかわらず捜査を公開することを拒んでいた点や、失踪した頃、渡辺夫妻が言い争う声が聞かれていたことなどが、今回の事件発覚のひきがねとなったそうです。

 

渡辺利幹は渡辺建築工務の経営者

渡辺利幹容疑者は長岡京市西の京で「渡辺建築工務」という工務店を経営していました。

立派なホームページがあり、木材を使う施行を売りにしていたようで、新築や改築などの施工事例が多く掲載されています。

筆者も数年前に自宅を新築しましたが、壁や天井の裏などの施工は気になるもの。

この会社のホームページには、そんな工事が仕上がってからでは目にすることができない部分などを説明付きで紹介するなど、その施工技術にも自信があったことがうかがえます。

ホームページによると、12月初旬に施行完了の物件があるようですが、そのあたりも心配ですね。

自身の写真もいくらか見ることができ、その笑顔は確かにいい大工、職人の顔そのものです。

2000年創業ということで、15年かけて築き上げた信用、信頼もあったのだと思いますが、今回の事件で、すべてが水の泡となってしまったわけです。

 

被害者が可哀そうすぎる…

今回の一番の被害者は、渡辺利幹容疑者の嫁・広子さんです。

いなくなった当時37歳だった広子さん。

二人の間には、現在小学2年生の息子さんがいるそうですが、その息子さんのことを考えると本当に胸が痛みます。子供に罪はありませんからね。

そして、忘れてはならないのは、夢を持って建てた新居の敷地内に死体を埋められた家主さん。

よもや、駐車場の下に死体が埋まっているとは、考えもしなかったと思います。

ニュースでは、上空からの捜査の様子が伝えられていたり、グーグルマップにはちょうど施行中のそのお宅の写真が見られるなど、ただでさえ3万人超の大きくない町ですから、これからいろんな二次被害が考えられます。

また、加えて言うなら、この新築住宅を施工した会社も大きな被害を被ることになると思います。

京都の亀岡市にあるこの会社は、京都の木材を販売する会社で、化学物質を使わない無添加の住宅を看板にしています。

この様な施工法を選んだ家主さんは、きっとかなりのこだわりを持って家づくりにのぞまれたにちがいありません。

事実を耳にした時の驚きは相当なものだったでしょうね。今は、悔しい気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

 

償っても償いきれない罪

どのような動機で渡辺利幹容疑者が嫁に手をかけたかはわかりませんが、一番愛すべき身内である息子さんはもちろん、遺体を埋められた家の方や、その施工元の会社など、被害があまりにも甚大なこの事件。

この2年、渡辺利幹容疑者はどんな顔をして、息子さんの前で暮らしていたのでしょうか。

公開捜査にしないとこを詰問され、事実を口にしてしまったことを考えれば、一時の激情で妻をあやめてしまったのかもしれませんが、あまりにも自分勝手な行いです。

ぜひ、正直にすべてを認め、残された息子さんのために一日も早く罪を悔い改めてほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ