子役モデル・エヴァちゃんは両親の影響大!2歳で事務所入りし大ブレイク中


イオンのランドセルCMで大人気の美少女モデル・エヴァちゃん。

そのルックスと次から次に飛び出す関西弁とのギャップが何とも可愛らしいですね。

こんな可愛いエヴァちゃんのご両親ってどんな方なんでしょう。

気になりますね。

大阪にあるモデル事務所に所属し、モデルとしての活躍はもちろん、バラエティ番組にも出演中のエヴァちゃんに迫ってみたいと思います。

 

エヴァちゃんのプロフィール

2008年5月26日生まれのエヴァちゃん。

現在、7歳ということで小学校1年生ですね。

エヴァちゃんと言う名前やそのお顔からもわかる通り、お父さんがカナダ人、お母さんが日本人というハーフなんです。

モデルとしては「エヴァ」ちゃんで通っていますが、本名も気になるところ。

でも残念ながら、本名は公開されていません。

以前、フジテレビの「バイキング」で坂上忍さんに本名を聞かれるというシーンがありました。その頃のエヴァちゃんは6歳。

仕事とは言え、見知らぬ大人に囲まれ、緊張もしたのでしょう。坂上さんの質問に固まりまくりだったことで、その後話題になりました。

でも、マネージャーさんのブログによると、個人情報のようなNGワードは言わないようにきつく注意をされていたのだとか。

フルネームの本名も気になるところですが、エヴァちゃんという名前自体は紛れもない本名のようですので、目くじら立てるほどのことでもないと思います。

 

エヴァちゃんは両親の影響大

エヴァちゃんは2010年、2歳になりたての頃から大阪にあるモデル事務所・グラムキッズに所属しています。

事務所のホームページでは、デビューしたてのエヴァちゃんの写真を見ることができますが、目がクリクリしていて、その頃から本当にかわいいですね。

この事務所に入ったのは、ご両親の意向のよう。

グラム・キッズのブログをエヴァちゃんのお母さんが見て、事務所に入れたいと思うようになり、カナダ人であるお父さんが写真を送ったのだとか。

エヴァちゃんが6歳になりたて頃、「YOUは何しに日本へ?」で家族がインタビューをされたことがありました。

お父さんは日本語もうまくて、体格のよいにこやかなパパ。お母さんは、テレビに映ることにとても抵抗されていましたが、きれいな方でした。

エヴァちゃんの関西弁はこのお母さん譲りなんだそうですが、あの顔で関西弁というギャップは、あまたいるハーフモデルに差をつけるポイントになりそうな気がします。

そんなことを考えて、お母さんも関西弁を話していたわけではないでしょうが、その効果がバッチリ現れて、現在の人気が確立されたことは間違いないようです。

 

 

モデルだけでは終わらない!?

人見知りとも言われているエヴァちゃんですが、「YOUは何しに日本へ?」でのエヴァちゃんはとても利発な女の子でした。

レポーターの質問にも、ご両親より先に的確に応え、頭の良さを感じさせました。

グラム・キッズのブログでマネージャーさんも

「エヴァちゃんは写真だけではもったいない」

とおっしゃっています。

テレビなどに出演すると、その雰囲気や多く大人に囲まれ緊張してしまうのが当たり前。

写真だけでは表現できない、エヴァちゃんらしさがまだまだ発揮できていないような気がします。

本業はモデルながら、これからはいろんな現場にも慣れ、エヴァちゃんならではのポジションが確立できるのではないかと期待しています。

私事ながら、私のいとこの長女がエヴァちゃんを地味にしたような顔。

同じ小学1年生ということもあり、個人的にエヴァちゃんには大きく活躍してほしいと思うのです。

エヴァちゃん、応援してますよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ