軽井沢スキーバス転落事故 原因は運行会社イーエスピーかキースツアーか?


軽井沢駅近くの峠道で、スキーに行く途中の乗客を乗せたバスが大変な事故を起こしました。

バスは林の中に転落し大破。

現在14人の死亡が確認されており、真夜中の現場は凄惨な状況だったようです。

今回の事故の原因はどこにあるのか。

格安ツアーを企画したキースツアーか、それともバスの運行会社イーエスピーか。

迫ってみたいと思います。

 

軽井沢スキーバス転落事故の状況

現場は、JR軽井沢駅から南へ約2キロほどの地点。

長野県軽井沢町の国道18号「碓氷バイパス」のゆるやかな坂道で事故が起こりました。

事故が起こったとされているのは、1月15日の午前2時頃。

41人の乗員と乗客を乗せたバスがゆるやかな下り坂でセンターラインを超え、反対車線を突っ切って、ガードレールを壊しながら、林の中に突っ込んだのです。

バスは、車体底部を国道側に向けて横たわり、左の側面は大きくくぼんでいました。

そして、現在のところ男性9人、女性5人、計14人が死亡し、27人が重軽傷を負っていると報じられています。

消防に最初の通報があったのが2時4分。

乗客の男性の通報でした。

その10分後には、軽井沢消防署の署員8人が現場に到着していますが、バスの下敷きになっている人やバスから飛び出した人など、10人を超える人が動くことのできない状態だったそうです。

 

乗員・乗客の状態

18台の救急車が現場に急行し、群馬と長野の病院9ヶ所に搬送された乗員・乗客。

悲しいことですが、14人の死亡が確認されています。

運転手の勝原恵造さん(57)と土屋広さん(65)も亡くなっています。

亡くなられた方の死因は、脳挫傷や頭蓋内損傷、頸椎損傷など、頭を損傷した方が多いそう。

事故が発生したのが真夜中2時ということで、恐らく乗客の多くは就寝中だったでしょうから、無防備な状態で事故にあい、身を守る術もなかったのだと思います。

また骨折をしている乗客も多く、

沖縄県うるま市の19歳の女性は頸椎と腰椎を骨折、

茅ケ崎市の23歳の女性は骨盤を骨折、

ある男子大学生は背骨を骨折、

意識不明で重体の患者の中には脳挫傷のうえ、ろっ骨や鎖骨を骨折している乗客もいるそうです。

今回のツアー参加者は大学生を含む18歳から32歳の若い人たちばかり。

死者が14人も出たことを思えば、命が助かったことだけでも救いなのかもしれませんが、事故の後遺症は甚大です。

1日も早く忘れ去りたい事故の記憶なのに、体に残る後遺症で思い出さずにはいられない状態がしばらくは続くと思います。

それを考えると、今回の事故はあまりにも被害が大きすぎます。

いったい、どこにその原因があったのでしょうか。

 

事故原因は、キースツアー?それともイーエスピー?

今のところの報道では、事故当時、雪や雨は降っておらず、路面も凍ってはいなかったと言われています。つまり、自然が原因ではないということです。

このバスが付けたと思われる直線状のブレーキ痕があると言いますから、運転手はブレーキを踏んだが間に合わなかった。

そういうことになるのかもしれません。

当初は運転手の居眠りや体調不良なども疑われていましたが、その線は薄いことになります。

このツアーを企画したのは「キースツアー」という渋谷区にある旅行会社。今回のツアーは、日帰りのリフト券つきで10,600円程度の料金で開催されたようです。

この会社に非があるのか。

ツアーの主催会社と言うことを考えると、その責任は逃れられないのは事実です。しかし、直接の原因を作ったとはどうしても考えにくいと思うんです。

筆者は、やはり、バスを運行していたイーエスピーの責任が大きいように思います。

イーエスピーは、東京都羽村市にあるバス会社。

運転手の勝原さんと土屋さんのうち、当時運転していたのは土屋さんだと見られていますが、イーエスピー側は

「昨年12月14日に面接をして入社したばかり。ドライバー歴は12年で、病歴や事故歴はないと確認している」

と話しています。

当日も運転手の健康上の確認を行い任務につかせたとのことですが、実はこのイーエスピー自体、あまりきちんとした企業ではないことがわかってきています。

13人いる運転手のうち、10人について、年に1回実施が義務付けられている健康診断を行わず、また、初任の運転手への適性診断なども行っていなかったとして、事故の直前、1月13日に道路運送法違反で国土交通省より行政処分を受けているんです。

この処分の内容は、イーエスピーにあるバス7台のうち中型バスの1台を20間使用禁止とするというものでした。

もし、もっと重い処分が下っていれば、もしかするとこの事故は起きなかったのかもしれない。そう思うと、法令を徹底させることの重要性が今後問われてくると思います。

 

原因を究明し今後にいかしてほしい

今回の運行は、バスが予定されたルートを走っていなかったことも指摘されています。

本来のルートを走行していたなら、この事故も起きなかったのかもしれません。

違うルートを走っていた理由はイーエスピー側もわからないと言っていますが、運転手のお二人が亡くなった今となっては、その理由解明にはかなりの時間を要するものと思います。

原因究明が進められているようですが、運転操作ミスなのかスピードの出し過ぎなのか、運転手の責任によるところが大きいような気がします。

しかし、それは個人の責任ではなく、やはりイーエスピーの責任によるところが大きいのではないでしょうか。

もう2度とこんな事故が起こらないように、そして、亡くなった方々のご冥福、けがを負われた方の1日も早い回復を心よりお祈りしたいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ