宮沢磨由が宮崎謙介の二股浮気相手!どんな女性なのか気になるし絶対に許せない!!


筆者は怒っています。

先日、このブログの中で自民党の宮崎謙介議員が育児休暇を取ると宣言したことについて触れました。

離婚歴などの経歴はあるものの、今度は改心しての結婚で、真摯に少子化という日本がぶち当たっている問題と向き合おうとしているのだと判断し、その決意を「英断」と表現しました。

なのに…。

週刊文春で、宮崎議員がナンパして知り合った女性タレントと、妻である金子恵美議員の妊娠中に、不倫をしていたことがスクープされたのです。

写真を見ると、その事実は疑いようがありません。

そのお相手の女性は、宮沢磨由さん。

知名度の低いであろう彼女のことを聞かれ、名前を聞いたことがないとまで嘘をついた宮崎議員。

許せませんね。

 

 

宮崎謙介議員と宮沢磨由の出会いはナンパ

週刊文春が育児休暇取得で時の人となった自民党の宮崎謙介議員の不倫疑惑を報じました。

また文春か…。

そんな感想を持ってしまう方も多いかもしれませんが、ゲス騒動と同じくらいセンセーショナルな事件だと筆者は思っています。

記事によると、1月30日、京都市大手筋通りにある宮崎議員のマンションにタレントの宮沢磨由さんがお泊りしたとあります。

二人の出会いは2015年の冬。

とある会合で宮崎議員が宮沢さんに声をかけたのだと言います。

このことを「ナンパ」と称してありますが、そのような気持ちが宮崎議員にあったかは定かではありません。

しかし宮沢さんの側は宮崎議員に好意を示し、二人は議員会館近くのホテルなどで忍ぶように密会するようになったそうです。

そして、1月4日の国会の仕事はじめの日。

出産ほど近い妻の金子議員と、和装に身を包んだ宮崎議員は仲睦まじいツーショットを披露していましたが、この時に、浮気相手の宮沢さんを国会に招待していました。

この時の和装の着付けを担当したという話もありますが、宮沢さんは自身のブログでも「着物について勉強中」であることをつづられています。

妻のいる、それも神聖な国会に浮気相手を招き入れるとは…。

本当に呆れます。

 

二股不倫相手の宮沢磨由とは?

週刊文春では、1月30日に京都の宮崎議員のマンションで、東京から訪れた宮沢磨由さんが密会をする様子が掲載されています。

お泊りの翌日、伏見稲荷などを訪れたことも文春記事でわかりますが、この両日のことをいったんブログに掲載していた宮沢さんですが、文春側が宮崎謙介議員に電話で取材をした直後、この2日間の宮沢さんのブログ記事が削除されたそうです。

しかし、その痕跡はすでにネットでも明らかになっていて、記事と宮沢さんのブログの整合性はあるよう。

証拠隠しと言われても仕方がない言動です。

ここで、宮沢磨由さんという女性について触れてみます。

宮沢さんは、現在34歳、血液型はO型。

もちろん独身なわけですが、若い頃はミスコンの常連だったそうで、美しい顔立ちです。

身長も168㎝と高く、実家が資産家ということもあってか、着物に傾倒していて、着付けの腕はプロ並みだと言います。

好きな女性タレントは藤原紀香さんだそうで、何となく理由がわかる気がしますね。

ブログを拝見すると…。

なぜか1日で、最近の多くの投稿が削られています。

あまりに激しい防御反応のように思えますが、どうしたことでしょうか。

文春は、宮沢さんの母親にも取材をしていますが、

「まさかそこまで馬鹿じゃないと思う。私は娘を信じています」

と堂々と答えています。

この記事を母親が見てどう思うのか。

親としては悲しい現実ですね。

 

 

宮崎議員、改心せよ!!

1月7日の宮崎議員のブログの中で、報道ステーションで取り上げられた自民党内での男性の育児休暇について「お手伝いを雇えばいい」という声があったことを受け、宮崎議員がこんなことを言われていました。

「こんな声が一ヶ月後に出産を控えた妻の耳に入っていることで、お腹の子供に影響しないかが本当に心配です。」

確かに。とんでもない発言です。これだから日本の少子化が深刻化しているのかもしれません。

が、今、宮崎議員が心配すべきは、まず自分のことについてです。

今回のことで、育休宣言がパフォーマンスであると言われても仕方がない結果となりました。

どんな崇高な政治に対する志を持っていたとしても、プライベートでやっていることが、出産直前の妻がいるのに他の女性と不倫では、本当にゲス議員です。

説明しますということを明言されていましたが、どんな言葉を持って、今回のことを説明するのか。

何より不憫なのは、可愛いお子さんが誕生し幸せ真っ只中だった金子議員です。

賢いと評判の金子議員ですし、以前の離婚歴、そこに至る真相も知っての結婚だったでしょうから、今回の不倫も想定内だったのならまだ救いですが…。

宮崎議員がきちんとした説明をし、改心されることを願ってやみません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ