宮澤エマは姉も母親も起業家!歌と芝居と賢い頭は自由と自立の教えに育まれた!


宮澤喜一の孫ということで話題になっている宮澤エマさん。

親の七光りならぬ祖父の七光りかと思いきや、歌や芝居は努力で究め、実力を身に着けたという素敵な女性です。

そんな宮澤エマさんにはお姉さんもいるそうで、どんな女性なのか気になりますね。

今回は、セレブな才女・宮澤エマさんに迫ってみます。

 

宮澤エマのプロフィール

【本名】Emma Miyazawa La Fleur ラフルアー宮澤エマ

【生年月日】1988年11月23日 27歳

【出身地】東京都

 

宮澤エマ セレブながら堅実派

宮澤エマさんと言えば、1991年11月から約2年間、内閣総理大臣を務めた宮澤喜一さんの孫として有名です。

総理大臣の孫と言って、一番に名前のあがるのはDAIGOさんでしょうが、そのDAIGOさんから

「孫タレとして一緒に頑張っていきましょう」

と言われたこともあるとか。

DAIGOさんも竹下登さんという偉大な総理大臣を祖父に持っていますが、口先ではその事実を利用しようと思っていると発言したりしますが、そこに嫌味を感じさせないのがDAIGOさんの人柄なんでしょう。

宮澤エマさんも育ちこそセレブそのものですが、とても謙虚な女性。

母親は、宮澤喜一さんの長女。父親は、元駐日日本代理大使を務めたクリストファー・ラフルアーさんです。

幼い頃はアメリカで過ごされたようですが、小学校からは日本に戻り、聖心インターナショナルスクールに通われています。

その名の通り、あの聖心女子学院が運営しているこの学校ですが、言わずとしれたお嬢様学校ながら、そこに電車で通学していたというエマさん。

「自由と自立」を幼い頃から両親に教えられたというエマさんだけあって、学校の通学ひとつとっても、きちんとしたしつけがされていた家庭だということがうかがえますね。

そんなしっかりした教育が、今の宮澤エマという女性を作ったのでしょう。

大学は、オバマ大統領を輩出したカリフォルニアにあるオクシデンタル大学に進学。

宗教学を学ばれたそうで、現在の芝居を演じると言う仕事にとても役にたっているそうですよ。

 

姉も母も起業家!?

宮澤エマさんにはお姉さんがいるそうです。

エマさん自身は、父方の祖母の影響で、幼い頃からブロードウェーで本物のミュージカルを見る機会も多くあり、今の芸能の道を自然と志すようになったと言います。

では、お姉さんも同じような職に就いているのかと思いましたが…。

お姉さんのサラさんは、ニューヨークで起業し、働く女性が身に着けるワーキングドレスを作る会社を立ち上げているそう。

エマさんと違う分野ながら、ハーバード大学を卒業したサラさんは、自立した女性としてニューヨークで活躍されているんですね。

ちなみに、2015年に婚約をされたそうですが、エマさんのミュージカル公演のスケジュールが立て込んでいて、結婚式をなかなか計画できていないんだとか。

どうして妹のせいで自分の結婚式をあげられないんだと、サラさんはボヤいているそうですが、裏を返せば、妹には絶対に出席してほしいということ。

きっと信頼しあった仲のいい姉妹なんでしょうね。

ちなみに、そんな素敵な姉妹を育てた母親の啓子さんも起業されていて、人工石を輸入する会社を起業していて、トラベルジュエリーを販売する「クラブサー」というお店を経営されています。

ちなみに、トラベルジュエリーとは、

「旅行やスポーツ、仕事に身に着けるための、本物ともカジュアルなものとも違う第3のジュエリー」

なのだとか。

クラブサーのサイトを見ると、お手頃な価格帯の人気ジュエリーが並んでいます。

母親の啓子さんといい、姉のサラさんといい、セレブな育ちながら、一般の人をターゲットにした仕事をされていますね。

 

自由と自立でさらなる活躍を

宮澤首相と言えば、英語が堪能だったことで有名です。

でもその英語も独学で学んだものだそうで、そんな努力の人だった血筋が、孫であるエマさんにも受け継がれているようです。

「経済的自由なくしては自立なし」という家訓のもと、

見栄をはった学歴ではなく、芸能界の道に行きたいのなら大学には行かなくてもいいのではないかとさえ言ったというエマさんの両親。

でも、そこで

「大学に行かないとこの家で話についていけない」

と学ぶことを選んだエマさんの賢さに驚きます。

政治家の祖父。

そんな祖父の元で厳しく育てられた母親。

父親は、世界を股にかけて働くエリート。

経済の話ができないと家では取り残されてしまうという特殊な家庭だったからこそ、磨かれたエマさんの個性だったのかもしれませんね。

常に手本になる大人の背中が家庭にいくつもあったということが、エマさんの今を作ったことを思うと、親の役割って重大だなとひしひしと感じます。

演じることだけではなく、そのスマートさを生かして、これからいろんな分野で活躍してほしいものです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ