24時間テレビ2016マラソンランナーは林家たい平!鬼嫁と家族も熱くサポートするぞ


新装開店した「笑点」で、2016年の24時間テレビ・チャリティーマラソンランナーが発表されました。

「笑点」で発表されたということで、そのランナーは座布団メンバーの1人、林家たい平さんでした。

いつも笑顔がステキなたい平さんですが、お嫁さんの千華さんもこのうれしい知らせに大喜びのよう。

今回は、そんな林家たい平さんとお嫁さん・千華さんに迫ってみます。

 

 

24時間テレビ2016チャリティーマラソンランナーは林家たい平

5月29日の「笑点」は、大変にぎやかな回となりました。

まずは、5月22日で大喜利の司会を勇退した歌丸師匠に代わり、春風亭昇太さんが司会者デビュー。

こちらは、「スピード感がある」など好評価が多かったようですね。ご本人も意外にも緊張しなかったそう。

そして、その昇太さんの抜けた席に入る大喜利メンバーとして、林家三平さんが登場しました。

絶対に新メンバーになったことをしゃべるなと言われていたらしく、奥様にも内緒だと暴露されていましたね。

そして、その大喜利の終了後、2016年の24時間テレビチャリティーランナーが発表されました。

番組内では、24時間テレビの総合司会者である羽鳥アナと水卜アナが登場し、今年のランナーが、大喜利メンバーの一人、林家たい平さんであると発表されたのです。

 

林家たい平がランナーを引き受けた理由

番組の中で、たい平さんは、ランナーを引き受けた理由を次のようにあげました。

「笑点への思い、 大喜利司会を引退した桂歌丸への思い、 師匠である林家こん平への思い」

8月27日、28日の両日に放送される2016年の24時間テレビ。

今年のテーマは

『愛~これが私の生きる道~』

日本テレビを代表し、そして国民的番組とも言える「笑点」は、今年、51年目という節目を迎えました。

そんな年の名誉あるランナーとして、制作サイドはたい平さんに白羽の矢をあてたわけです。

たい平さんの師匠である林家こん平さんは、多発性硬化症で現在闘病中。

ランナーになったことを番組終了後にこん平さんに報告に行くとのことでしたが、この師弟愛を実らせて、きっと完走してくれるのではないでしょうか。

また、新旧笑点メンバーたちとの仲間愛もたい平さんにはあります。

長らく笑点を支えてきた歌丸師匠の勇退に、走り切ることで「愛」を伝えてくれるのだと思います。

 

嫁もビックリ!

たい平さんがランナーになったという知らせに一番驚いたのは、お嫁さんの千華さんだったかもしれません。

千華さんは、仙台市の出身。リクルートに勤務後、NHKBSのキャスターを経て、1996年に林家たい平さんと結婚。

お二人の間には、大学2年の長男、高校3年の長女、中学2年の次男がいます。

たい平さんがランナーになったことを受け、千華さんはブログで

「びっくりしました!」

の第一声。

でも、鬼嫁と定評もある千華さんだけに

子供たちも「これでお父さん痩せるねー」 「がんばれ完走&ダイエット!」なんて 今 家族ラインで盛り上がっています(*^^*)。

とも。

しかし、最後は

出来る限りのサポートいたします(*^▽^*)♪

でしめくくっていました。

鬼嫁とは言われても、普段の千華さんのブログでは

たい平さんを思いやる気持ち、尊敬する気持ちがあふれています。

きっとお子さんたちと一緒に3ヶ月間、二人三脚ならぬ五人六脚で練習に励まれるのではないかと思います。

 

ガンバレ! たい平さん!

武蔵野美大卒業後、林家こん平さんのもとに入門したたい平さん。

そんな珍しい経歴をいかし、自身のCDのイラストなども手掛けられています。

優しい語り口は子供たちにも人気ですが、24時間テレビで走る姿では、また多くの人気を集めるかもしれませんね。

走った経験は、中学校の校内マラソンで4位入賞したくらいだという、ほとんど素人のたい平さん。

51歳という年齢は、チャリティーランナーの中では中堅どころ。

苦しい挑戦になることは間違いありませんが、こん平さんのため、歌丸さんのため、笑点メンバーのため、家族のため、そして日本のみんなのために頑張ってほしいですね。

そして、これぞたい平の生きる道、というものを見せてほしいものです。

頑張って、たい平さん!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ