石黒彩 長女は中学から有名私立!離婚の噂の真相が気になる


モーニング娘。の初代メンバーだった石黒彩さんが、有吉反省会に出られるようですね。

「ASAYAN」の頃から石黒さんを見てきた年代の私としては、もう38歳になるのかと驚いてしまいますが、高校生の長女を筆頭に3人の子育て中ということを思えば、若くてきれいなママで、うらやましい限りです。

そんな石黒彩さんの長女は中学から有名私立に進学。

金銭問題だの離婚だのいろいろ噂されてきた石黒彩さんですが、それなりに順調な家庭生活を送られているようですが。

今回は石黒彩さんの子供たちと離婚の噂の真相について書いてみたいと思います。

 

石黒彩 長女は中学から有名私立ってどこ?

石黒彩さんが、LUNA SEAのドラマー・真矢さんと結婚されたのが2000年5月。その年の11月には、長女・玲夢ちゃんが誕生しています。

玲夢と書いて「りむ」ちゃん。

ドラマーの真矢さんが、ドラムにちなんだ名前をということで、ドラムの縁「リム」がとったと言われているようです。

今年で高校1年生の玲夢ちゃんは、中学から聖ドミニコ学園に通われています。

夫婦で学校行事に参加する石黒さんと真矢さんの様子が、よく見かけられているようです。

聖ドミニコ学園は世田谷にある私立の学校で、幼稚園から高校までが整備されていますが、中学、高校になると女子校になります。

芸能人の師弟もよく通うところで、高校からの外部入学はできないという、完全中高一貫教育を実践している学校です。

偏差値59ととりわけ高いわけでもありませんが、芸能人の子供さんとなると、プライバシーが気になるところですから、その点も考えて入学されてのかもしれませんね。

 

石黒彩 次女と長男の学校は?

長女は聖ドミニコ学園に通わせている石黒さんですが、中2の次女と小学6年の長男は、どこの学校に通っているのでしょうか。

2002年生まれで、現在中2の次女・宙奈(そな)ちゃん。

一部ネットでは、和光中学校との噂もありますが、和光は制服がありません。しかしながら、石黒さんのブログによると次女の宙奈ちゃんは制服のようですので、和光ではないということに。

親の立場からすると、長女と同じ聖ドミニコの可能性が高いと思います。同じ系列の学校に行ってくれた方が、親としてもいろいろやりやすいですからね。

2004年生まれで、現在小6の長男・耀太(ようた)くん。

耀太くんは、逆に制服のない小学校に行っているようで、和光学園の小学校に通っている可能性が高いです。

和光学園は、個性を大変尊重する学校のようで、聖ドミニコとはまた違う魅力を石黒さんも感じられたのでしょうね。

聖ドミニコは、中学からは女子校になりますが、和光は中学も共学。

学校にはそれぞれにいろいろな特色があります。子供ひとりひとりに個性があり、合う学校、合わない学校があるのも事実だと思います。

子育てにも熱心に取り組まれている石黒さんご夫妻ですから、子供のことを真剣に考えての選択なんでしょう。

「有名私立」という理由だけで選んだのではなく、子供の個性を考えられたことがよくわかる気がします。

 

石黒彩 真矢との離婚の噂の真相

2000年にドラマーの真矢さんと結婚されて16年。

その間には、石黒さんの父親が経営する雑貨店が経営難になったことで別居報道があったり、芸能人夫婦にはよくありがちな噂がいろいろと飛びかっていました。

でも、現在では、とても仲睦まじい様子の石黒さんと真矢さん。

お互いの誕生日には2人きりでお祝いをしたり旅行に出かけたり、いろんな会話をしている様子も見て取れます。

何よりいつも「真矢くん」と呼ぶ石黒さんが何ともかわいいですね。

真矢さん自身も、結婚した年に解散したLUNA SEAが10年の年月を経て再結成し、今では大変忙しい生活を送られているようですが、そんな真矢さんのことを尊敬していることもブログでよくわかります。

パートナーのことを尊敬できることが、何より幸せなことだと思いますから、ぜひ末永くお幸せに。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ