松岡昌宏がミタゾノを受けた理由!結婚間近の彼女で女性の研究中!?


TOKIOの松岡昌宏さんが家政婦を「女装」して演じていることで話題の「家政夫のミタゾノ」。

深夜枠ながら初回の視聴率が8.2%と好調ですが、主演ドラマとは言え「女装」してドラマに登場している松岡さん。バラエティの一コマならまだしも、どうしてこの役を受けたのでしょうか。

私生活では、間もなく40歳の誕生日を迎える松岡さんですが、女装するぐらい吹っ切れているなら彼女もいないのでは?と思いきや、長年付き合ってる彼女がいるそう。

結婚も間近っぽいお相手だそうですが、どんな女性なのか気になりますね。

今回は、ミタゾノでまたファン層を広げた松岡昌宏さんに迫ってみます。

 

松岡昌宏がミタゾノを引き受けた理由

「家政夫のミタゾノ」は、松岡昌宏さん演じる家政夫の三田園薫が派遣先のいろんな家庭をのぞき見するという内容。

市原悦子さんの「家政婦は見た」シリーズがどうしても思い浮かびますが、松嶋菜々子さんの「家政婦のミタ」といい、今回のドラマといい、市原悦子さんの家政婦の影響力ってすごいですね。

この「家政夫」の役が来たとき、松岡さんは

「やっと来たな!」

と思ったんだとか。

こんな突拍子もない役に「やっと来た」というのも変わっているような気がしますが、実は、

「キャラ的に自分にそういうものが来るのはないだろうと思っていて、逆に『やりたいな』とは言っていました」

とのこと。

女装キャラということは自覚していたということでしょうか?

私としては少し意外な気もしましたが、ご本人はいたって乗り気のようで、メイクもすべて自分でやっているのだそう。

共演していて、ミタゾノの家政婦仲間を演じている清水富美加さんからも見とれられるほどの仕上がりだと言いますから、実物は本当にきれいなんでしょうね。

ちなみに、脚も清水さんより細いらしく、うっとりするのを通り越して、嫉妬心を感じたりもするそうですよ。

松岡さんもそんな自分の変身後の姿がわかっていたのかもしれませんね。

 

松岡昌宏の彼女は一般人

同じTOKIOのメンバーでは、山口さんが残念ながら離婚、国分さんには最近第一子が誕生しています。

松岡さんも40歳という節目を迎えるわけで、そろそろ結婚を考えてもよさそうな年頃です。

ましてや、お相手がきちんといればなおさらですよね。

2016年の夏、松岡さんと10年来の交際相手である彼女がデートしている様子が、週刊文春で報じられました。

2008年に彼女がいるとの一報があったので、その後順調に愛を育んでいたわけですね。

松岡さんとは対照的に小柄で色白の彼女は、松岡さんと同棲中ということで、もはや「奥さん」の雰囲気だったとか。

年代は30代半ば。元々音楽関係の仕事についていたようですが、松岡さんとの結婚を考え退職。

でも一度破局したことがあり、必要に迫られて、クラブでママをしていたそうです。

でも今はそれも辞めているということで、交際も順調に行っているということでしょうか。

今回のミタゾノの女装についても、

「女性の気持ちが分かります。寝不足が続くとアイラインの乗りが悪いとか」

と、意味深な発言をされています。すごく身近な人物の発言を代弁しているような気がしますよね。

その時が来れば、結婚ということも大いにありえます。報告の日が楽しみですね。

人たらし松岡昌宏の吉報が楽しみ

共演する人は、男性、女性問わず、松岡さんのことを好きになると言いますが、それは男気ある性格なのに優しく、そして何より周囲に気が配れる人だから。

こんな松岡さんですから、彼女がいないとなると、その方が不思議ですよね。

傍から見ると、いつ結婚してもおかしくない2人に見えますが、本人たちも長い付き合いでそのタイミングをはかれずにいるのかもしれません。

周囲のある程度の盛り上がりが、2人を後押し!というのもアリかもしれませんね。

TOKIOのメンバーは、プライベートの結婚も離婚も、堂々と報告してくれましたから、松岡さんにもついつい期待してしまいます。

松岡さん、そんな日を楽しみにしていますよ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ