新納慎也の結婚の噂!「嫌い」の声もぶっ飛ばす舞台俳優は武将末裔


大河ドラマ「真田丸」では豊臣秀吉の甥・秀次を演じた新納慎也さん。本業は舞台俳優の新納さんは、舞台に立って25周年となるそうです。

25年ということで、意外にもアラフォーなんだそうですが、ネットでは「嫌い」という声もあるものの結婚されているのか気になりますね。

また、珍しいお名前ですが、その名にふさわしいルーツがあり、実は武将の末裔なんだとか。どんなご先祖さまなんでしょうか。

今回は、ミュージカル界の異端児とも言われている舞台俳優・新納慎也さんに迫ってみます。

 

新納慎也のプロフィール

【本名】新納慎也(にいろ しんや)
【生年月日】1975年4月21日 41歳
【出生地】兵庫県神戸市

 

新納慎也の結婚の噂

新納慎也さんの第一印象は30代前半かと思っていましたが、現在41歳。

顔のつくりが派手なせいか、お若く見えますよね?

41歳と言えば、結婚されていてもおかしくない年齢ですが、新納さん、結婚はされていません。

ブログにあえて彼女の話などは載せないものでしょうが、ネット上にも特に噂もないようです。

好きなタイプについては、以前、舞台「LILIES」で演じたリディエンヌを好きなタイプの女性だと言っている新納さん。

「彼女は実に個性的で魅力的な女性です。
とても気が強く、華やかで、でも心の核はとても女性的。」

時には毒舌と言われ、とにかく演じること、表現することに没頭している新納さんにピッタリのタイプのように思います。

激しい感じの二人が一緒になると、ちょっときついのでは…と思ったりもしますが、一日も早くいい女性が現れるといいですね。

 

新納慎也のことが嫌い!?

ちょっとアクのあるキャラクターの新納慎也さん。

その濃いルックスもあってか、いろいろと噂されることもあるようです。

整形疑惑がささやかれてみたり、おねえではないかと言われてみたり。

そんな噂がされる理由も納得ですが、新納慎也さんはもともとモデルとしてこの世界に入った人。16歳でスカウトされたと言いますから、あのきれいなルックスは正真正銘の本物の美形なんですね。

ということで、こういうルックスの人のことを「嫌い」だという人は山のようにいるわけで、正当な理由はなさそう。

逆に、新納慎也さんのブログを見ると、いつも周囲には老若男女垣根なく、いろんな仲間たちに囲まれて、人に好かれている人だということがよくわかります。

この良さが、いろんな人に伝わるといいですね。

 

新納慎也は武将の末裔

「7時にあいましょう」でいろんな歴史的人物の末裔が登場するようですが、ゲストとして出演する新納慎也さんも、実はある武将の末裔なんです。

そのご先祖様は「新納忠元(にいろ ただもと)」

戦国時代から江戸時代にかけて、島津家に仕えた家系が新納家。

新納忠元はその庶流の出身ながら、島津家へ貢献した武士をあげると、いつもトップに名があがるほどの人物だったそうです。

加えて、和歌などを詠むことにも長けた人物だったようで、こんな血も新納慎也さんに受け継がれたのかもしれませんね。

 

活躍すること間違い無し!!

現在41歳の新納慎也さん。

役者としては、これからもっと活躍の場を広げていかれるに違いありません。

私が個人的にそのことを確信したのは、新納さんのブログ。

38歳の誕生日を迎えた時に、新納さんが書かれた文章です。

「この世に産んでくれた両親に…

出会ってくれてありがとう。愛し合ってくれてありがとう。夫婦になってくれてありがとう。そして、僕を産んで、育ててくれてありがとう!

あなたたちの息子は…

決して有名ではないけれど、何人かの人には夢を見てもらえる仕事につき、異端児と呼ばれながらも、素晴らしい仲間に囲まれて、己を貫き通そうとするタイプの役者として、幸せに生きています。

本当に幸せです。」

こんな素敵な思いを持った人が、大成しないわけがないですよね。

本当にこれからの活躍が楽しみです。

新納慎也さん、応援していきますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ