長井短の本名が普通すぎ!病気の真相と作家デビューのすすめ


モデルの長井短さんが何かと話題ですね。

先日もめざましテレビでLINE NEWSが選ぶブレイク間近な人ということで紹介されていました。

まずはその名前がインパクト大な訳ですが、本名なのか気になりますね。

調べてみると・・・意外に、普通のお名前であることが判明しました。

そして、少し病弱にも見える長井短さんですが、病気という噂もあります。

見た目が弱々しい上に、性格も超ネガティブということで、それが病気と関係あるのでしょうか。

今回は、大注目のモデル・長井短さんに迫ってみます。

 

長井短のプロフィール

【生年月日】1993年9月27日
【出身地】東京都
【血液型】A型
【身長】172cm

 

長井短の本名は…普通だった!

モデルとして活躍中の長井短さん。

「ながい みじか」と読むこのお名前ですが、もちろん本名ではありません。

本名は、長井茉由さんというそうですが、長井さんのルックスから行けばこちらがしっくり来る気がしますがどうでしょう?

皆さんがお察しのとおり、苗字の「ながい」にかけての「みじか」という命名だと思いますが、過去にお笑いの道を目指していたり、落語に首を突っ込んでみたりという過去があるそうですので、この「長井短」という芸名にも納得ですね。

 

長井短は病気なのか!?

長井短さんについて調べてみると、病気というキーワードに行き当たります。

何か持病でもお持ちなのか。

はたまた何か大きな病気でもあるのか。

が、調べてみると病気ではないようです。安心しました。

いくら芸能人の方とは言え、最近はいろんな病気をカミングアウトされる方が多いですよね。とても悲しいことです。

長井さんはそうではなくてよかったですが、自身のブログ「ウルトラミラクルメロンソーダ」で、

「中学校入学とともに徐々に性格が暗くなっていき、
ラジオとブログだけが自分の本当の居場所だと感じる病気に。」

とあります。

小学校に入学してから活発な少女時代を過ごし、地元の合唱団にも参加する社交的な女の子だったようですが、中学校に入ると段々自分の中の世界に入り込んで行ったのでしょう。

「病気」という表現がありますが、実際に病院へ診察に行かなければならないほどの病気だったかはわかりませんが、少なくとも「ラジオ」と「ブログ」だけが心の拠り所だったんでしょうね。

高校に行く意味もよくわからないまま、高校に入学したものの、中学時代よりさらに暗い学生時代を送ることになったようですが、その生活に耐えきれず「演劇」の世界に飛び込んだ長井短さん。

なんでも、幼い頃に両親からスターウォーズを見せられ、就学してからはハリーポッターにハマったことから、ジェダイか魔法使いになろうと思ったのが「演劇」へのきっかけだったようです。

結局、学校の単位が足りなくなりそうで学業に復帰したそうですが、その後、高校を卒業してから劇団に所属して演劇にいそしむ毎日だったようです。

今は、漫画やゲームにハマっているそうですが、のめり込むタイプなんでしょうね。

 

モデルも女優もいいけど作家もいいかも!?

超ネガティブな考えを持っているという長井短さんですが、長井さんの場合、自分のことをとことん分析したり、1つのことを深く深く考えている過程がネガティブに映るのかもしれません。

ブログやツイッターでの文章を見れば、そのことがよくわかります。

冬が大好きという長井さんは、クリスマスひとつについても、

「楽しいことも嬉しいことも、同じ出来事は繰り返しやってきてくれないのに
クリスマスは来てくれる・・ちゃんと繰り返してくれて今年もクリスマスは来るし
そこに誰がいなくてもクリスマスは来る。
あぁ嬉しいなぁと思う。」

という思いを抱いています。

きっとこの文筆力は、そのうち、本でも出版されるのではないかと思いますね。

おもしろいエッセーや芥川賞をとるような純文学なんてピッタリのような。

さすが、中学生にして、あの「大人計画」の作品を足繁く通って見ていただけのことはあります。

「次にブレイク」どころか、今後の長いスパンでの活躍が期待されますね。

長井短さん、その感性とっても素敵ですよ。本を執筆されるのを心待ちにしています!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ