アンミカ 旦那の兄たちがヤバすぎる!ユダヤ人はただの噂!?


モデルとしてはもちろん、コメンテーターとして番組に出演しても、とても知性や品が感じられるアンミカさん。

セレブな出身なのかと思いきや、自身は大変貧しい子供時代を送って来られたと言いますから、意外ですね。

しかし、現在は超セレブな旦那さまと結婚し、ラブラブな毎日を送っていらっしゃるそうですが、この旦那さまは生まれながらの超セレブ。2人のお兄さんがどんな方たちなのかも気になります。

今回は、努力で今の幸せを手に入れたアンミカさんと旦那さま、そしてそのゴージャスな兄たちにまで迫ってみたいと思います。

 

アンミカの旦那はセオドール・ミラー

アンミカさんは元々の本名を安美佳さんと言うそうですが、そのアジアンチックな風貌の通り、ご両親とも韓国の方。済州島がふるさとなのだそうです。

しかし幼少の頃から、大阪で育ったアンミカさん。暮らしていたのは、長屋の2階部分で、両親と4人の兄弟姉妹とつましく暮らしていたと言います。

母を中3の時に亡くし、高校に通いながらアルバイトで生計を助け、高校卒業後はモデルになるべくパリにわたられました。

幼い頃は引っ込み思案な性格だったそうですが「生活をしていくため」という覚悟が、アンミカさんを強くしたのかもしれませんね。

そしてパリコレなどでも活躍し、日本でもモデル以外にコメンテーターとしても華開いたアンミカさんは、2012年7月に旦那さま・セオドール・ミラーさんと結婚されます。

セオドール・ミラーさんは1971年生まれでアンミカさんとは同級生。

ニューヨークで生まれ育ち、ニューヨーク大学に通っていた頃、交換留学で初めて来日。

1年間だけ早稲田大学に通っていたそうですが、日本の街や人に魅せられ、卒業後は絶対に日本で暮らすと決意。そして大学を卒業後は、電通に就職し、日本での生活をスタートさせました。

その後は、ライブドアであのホリエモンが買収をする前の代表取締役などを務め、2005年にエンパイアエンターテイメントジャパンを立ち上げられます。

ちなみに、このエンパイアエンターテイメントジャパンという会社はどんな会社かと言うと、ライブや企業のイベント、映画などの企画制作、出演者のブッキングなど幅広く行う会社。

元々、セオドール・ミラーさんの一番上の兄・JBミラーさんらが1993年にアメリカで立ち上げた会社です。

そのアジアでの仕事を担っているのが、弟のセオドール・ミラーさんというわけで、まさに兄弟でワールドワイドな仕事を手掛け、年収はウン億円なんだとか。

そんな旦那さまがいてうらやましいと思うのは当然なのでしょうが、やはりそんな人を引き付ける魅力がアンミカさんにはあったんでしょうね。

きっと、10代から異国の地で一人モデルをめざしてがんばった苦労が、アンミカさんの内面も輝かせたんだと思います。

 

旦那の兄たちがまたまたセレブ

セオドール・ミラーさんには、もう1人お兄さんがいて、それがベネット・ミラーさん。

セオドールさんの兄、と言えば、こちらのベネットさんのことを想像する方も多いようですね。

ベネット・ミラーさんは、映画監督として2005年に「カポーティ」を監督し、アカデミー監督賞にもノミネートされたほど。2011年には、ブラッド・ピット主演の「マネーボール」の監督を務めました。

ここまで読んでお気づきのとおり、3兄弟はエンターテイメントに関係ある仕事につかれていますね。

それもそのはず。

父はゼネコン会社を経営するというセレブな家庭に育った3人の兄弟たちは、幼い頃から、プロも真っ青になるような機材を使って映画作りをしていたのだとか。

長男のJBがプロデューサー、次男のベネットが監督、そしてセオドールさん自身もプロデューサーの立ち位置で、映画製作ごっこに励んでいたと言います。

幼い子供たちにおもちゃ代わりに本格的なカメラを買い与える父親も一種のオタクだったそうですが、そうやって育ったセオドールさんが初めて訪れた東京の街に興奮するのも理解できますね。

 

ユダヤ人というのは噂なのか!?

兄のベネット・ミラーさんのwikipediaによると、やはり兄弟はユダヤ系アメリカ人とあります。

アメリカに住むユダヤ人は2%前後と言われていて、ユダヤ人のふるさとイスラエルに次ぐ多さです。

ということは、ミラー一家がその昔、アメリカに移住してきたユダヤ人としても、何ら不思議はありません。

また、ユダヤ人はこれまで多くのノーベル賞を受賞していることからもわかる通り、大変優秀な民族です。

さまざまな迫害を受ける中で「知性」だけは誰にも奪われないという強い思いのもと生きてきたユダヤの人々の優秀な血が、ミラー家の人たちにも脈々と流れているような気がしますね。

そんな知性の人・セオドール・ミラーさんと努力の末に美と品格を兼ね備えたアンミカさん。

本当にお似合いのご夫婦です。

これからもどうぞお幸せに。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ