桝太一の嫁は仕事持ち!? 高校大学とエリート育ちのアナはイクメンだった


好きなアナウンサーランキングの男性部門で、5年続けて1位を獲得し、殿堂入りを果たした桝太一アナ。

超絶イケメンではないけれど、品がよく誠実そうな性格が顔ににじみ出ていますよね。

そんな桝太一アナは、少しこわ~いお嫁さんがいることで有名ですが、売れっ子アナの嫁ということで専業主婦かと思いきや、お仕事をされているんだとか。

そのせいか、高校・大学とエリートの王道を進んできた桝アナも、実はイクメンらしいんです。

今回は、桝太一アナの気になるお嫁さんの仕事について、そして高校・大学時代の桝さんについて迫ってみたいと思います。

桝太一のプロフィール

【生年月日】1981年9月4日 35歳
【出身地】千葉県千葉市
【血液型】O型
【身長】177cm

 

桝太一の嫁は仕事してる!?

桝太一さんは2011年2月に結婚を発表されました。

その年の4月から日テレ「ZIP!」の総合司会を務めていますので、大きな仕事を始める前のけじめだったのかもしれません。

結婚したお嫁さんについては公表されていませんが、一般女性とのこと。

『結婚するなら、まじめで、見てくれもあまり気にしないような人がいいんだろうなと思っても、テレビ局ってそういう人がいないので、「出会いがないかな」と思っていたら、奇跡のように地味ないまの奥さんがいたんですね。』

と、こんな発言をされている桝さんですが、この文面から行くとお嫁さんもテレビ局で仕事!?と読めないこともありません。

だからこそ結婚の発表も局からだったのかも…、だからこそその後も何も情報が出てこないのかも…、と勘ぐってしまうわけですが、桝さんいわく「地味」ということですので、表に出るのは好きではないのでしょうね。

共働きなのに「家内」とか「奥さん」とか呼ばれるのは嫌だとはっきり口に出すお嫁さんということで、現在もお仕事はされているんでしょうが、同性から見てもなかなかはっきりした女性のようです。

ちなみに、私自身は「○○の奥さん」とか「○○ちゃんのお母さん」とか呼ばれるのに、まったく抵抗はありません。

なので、呼び名にこだわる人って、すごく「自分」があるんだろうなと思ってしまいます。

でも、そんなアイデンティティのしっかりしたお嫁さんだからこそ、桝さんも好きになったんでしょうね。

高校大学とエリート育ちのアナはイクメンだった

父親はパイロットという家庭に生まれ育った桝太一さん。

自身は中学・高校と名門の麻布学園で過ごし、東京大学へ進学。

このコースだけ聞くと、何ともエリートな感じですが、東大模試の判定は最高でも「C判定」だったのだそう。

周囲からも無理だと言われたそうですが、苦手な数学を克服するための作戦を練りに練り、見事志望の農学部に進学されました。

中高の6年間、ずっと生物部だったほど「生物」が好きだったという桝さん。

東大に決めたのも、「農学部」に行くことだけは決めていて、さて東大?京大?農工大?と迷っていると、塾で好意を寄せていた女の子が東大を志望校にしているのを聞きつけたんだそう。

麻布学園は、校則のない自由な校風で有名ですが、こんな志望動機でも東大に受かってしまうのですからすごいですよね。

勉強はするし、やりたいことも突き詰めるけど、考え方はのびのびと。

こんな高校・大学時代の生活が、今の親しみのある桝太一アナのキャラを作り上げたのかもしれません。

大学院に進んでもなお、海の研究に没頭したものの、就職に選んだのはまったく畑違いのテレビ局。

実は、本の虫で国語が得意だったそうで、海や生物に没頭した青春時代ながら、実はアナウンサーという職は天職だったのではないでしょうか。

そんな桝アナも、入社からわずか5年で結婚。同じ年に長女が誕生したという噂が多く、もしかすると授かった婚だったのでしょうか。

今では、長女の保育園のお迎えが日課なんだそうで、

早朝番組「ZIP!」の収録のため、夜中に家を出る生活を送っているため、子供のお迎えは桝さんのお仕事のよう。

夕食も作られることを以前明かされていますが、何事にも裏表なく突き進むタイプの桝さんですので、きっと子育ても食事の準備も全力なんでしょうね。

子供さんが小学校に上がられる頃には、お受験などで話題にのぼるかもしれません。

きっとこれからも育児に積極的に関わっていかれるでしょうから、イクメンとして執筆などもあるかもしれませんね。

これからの活躍にも期待しています!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ