木村佳乃は帰国子女! 姉は客室乗務員でセレブ一家だった


日本では、ベテラン女優の域に入る木村佳乃さんが、「イッテQ」で見せる別の顔が人気となっています。

旦那さんは、ジャニーズ事務所の大御所・東山紀之さん。

絵に書いたような美男美女カップルには2人の子供も誕生し、女優としても順風満帆のはずですが、なぜ今さらバラエティ界への進出をはかったのでしょうか。

帰国子女でもある木村さんですが、その外国での経験に、素の木村さんの顔を見ることができるようです。

同居していると噂のお姉さんは客室乗務員と言われていますが、そんなセレブなファミリーにも迫ってみたいと思います。

 

木村佳乃は帰国子女だった!

木村佳乃さんはイギリス生まれ。ロンドンのキングストンという街で、誕生しました。

というのも、木村佳乃さんの父親は日本航空(JAL)の幹部だったと言われていて、当時はロンドン勤務だったよう。

3歳ぐらいまでロンドンで過ごし、その後日本に帰国されています。

実は、高級住宅街・成城に実家のある木村さん。

帰国してからは、この実家に暮らし、成城学園初等学校に通われました。

そして、中学のとき再び外国へ。

今度は、アメリカ・ニューヨークでの生活が木村さんを待っていました。

しかし、幼少の頃の英語の記憶はなく、この頃英語は話せなかったと言います。

そこで、木村さんの父はかなりの暴挙に出ます。

木村さんをアメリカのサマーキャンプに送り込んだのです。それもただのキャンプではなく、シャワーもトイレもないというかなり女の子には過酷なキャンプ。

もはや、キャンプというより、サバイバル生活といった感じですが、この生活を体験し、木村さんは英語が話せるようになったとか。

英語も所詮は言語。

やはり実際にその言葉の中に身を置くのが、習得の早道であることは言うまでもありません。

しかし、なかなか可愛い娘にこんなことをするのは勇気がいりますね。女親の私でさえそう思いますから、男親はもっとそう感じると思うのですが。

木村佳乃さんのお父様、あっぱれな子育て法ですね。

その後、女優として花開いた木村さんですが、こんな経験をしているからこそ、これまでどんな役柄でも踏ん張れたと思いますし、バラエティの仕事もチャレンジしたのだと思います。

イッテQでの体当たりなロケも、

“私は参加して楽しかったと満足せずに、しっかり番組に爪痕を残したい。
全力でチャレンジしたいんです”

と語っています。

かっこいいですね。

姉は客室乗務員

木村佳乃さんのお父様はJAL勤務だったということを書きましたが、実は、お母様もJALの客室乗務員だったとか。

そして、木村さんには4つ年上のお姉さんがいますが、こちらも客室乗務員。

会社まではわかりませんが、木村さんを考えれば、きっと美しいはずですよね。

客室乗務員と言えば、今も昔も女性のあこがれの職業。

大手航空会社だとその競争率は100倍近くにもなると言いますから、ものすごい競争率を突破してCAになったことがわかります。

ですから、お姉さんもかなり優秀な方なんだと思います。

噂では、実家を建て替えて、このお姉さん夫婦と一緒に暮らしているとか。

姉妹並んでいるところを見てみたいものですね。きっとオーラが出てるような…。

 

木村佳乃ならではのキャラを生かして

最近では、プリキュア映画の最新作にもゲストとして登場している木村佳乃さん。

Mステでの歌の披露も、堂々としたものでした。

巷では、その歌唱力の良し悪しが話題にもなっていましたが、私は歌い終わったあとのおちゃめな仕草をした木村さんが印象的でした。

これからもきれいだけど面白い女優「木村佳乃」で頑張ってほしいものです。

応援しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ