安宅晃樹アナウンサーはAICJ高校出身でフジテレビへ!Qさま出演してた


毎年注目の集まる各キー局の新人アナウンサー。

そんな中でも、特に注目の集まるフジテレビには、2017年、4人の新人アナウンサーが入局したようです。

そんな中でも「イケメンだな~」と私が注目したのは、安宅晃樹アナウンサー

「あだけこうき」と読むそうですが、その学歴を聞いてビックリ。

広島のAICJ高校から東京大学に進み、大学院を卒業されているんです。理1出身ということで、研究されていたのは原子力なんだとか。

今回は、そんなハイスペックなフジテレビアナウンサー・安宅晃樹さんに迫ってみます。

安宅晃樹のプロフィール

【本名】安宅晃樹(あだけこうき)
【生年月日】1992年12月25日 24歳
【出身地】山口県宇部市
【血液型】B型

安宅晃樹はフジテレビアナウンサー

安宅晃樹さんは、2017年フジテレビの新人アナウンサーの一人です。

初めて聞く苗字ですが、出身は山口県宇部市。珍しいと思いましたが、全国に4500人ほどいらっしゃるお名前のようですね。

高倍率を通り越して、ほとんど合格できないと思ってもいいキー局のアナウンサーですが、2017年のフジテレビ新人アナ4人もすごい面々です。

2016年のミス・オブ・ミスコンテストで準優勝した海老原優香さん。

法政大学時代は入学式や卒業式の司会も務めたという黒瀬翔生さん。

青学時代はノンノの専属モデルなども務めた久慈暁子さん。

切磋琢磨せざるを得ないスゴい面々ですね(笑)。

3人の同期アナの経歴にも驚きますが、当の安宅晃樹さんもすごい経歴の持ち主。

東京大学ではミスター東大に選ばれるほどのイケメンですが、中学時代は水泳の自由形で県優勝の経験があり、書道も師範の免状も持っているそう。

こんなハイスペックな人たちでないと局アナって難しいんですね…。

アナウンサーを見る目がかわりそうです(笑)。

出身高校のAICJとは!?

安宅晃樹さんは、東京大学の大学院まで進まれましたが、生まれは山口県宇部市。

中学までを地元で過ごし、高校は広島にあるAICJ高校に進まれました。

「AICJ」って何?って感じですよね。

これは

Academy for the International Community in Japan」

の略で、私立の中高一貫校。

創立からまだ10年ほどの新しい学校ですが、世界共通の大学入試資格を持たせるための教育プログラムを行ったと認められる国際バカロレアの認定校です。

一貫校ながら、ごく一部の高校から編入組がいるそうですが、安宅晃樹さんもその一人。

AICJのパンフレットにも、安宅晃樹さんが載っていることから考えても、優秀な生徒だったということでしょうね。

安宅晃樹はQさまに出演してた!?

このところ、東大生が出るクイズ番組が目立つような気がします。

観る側としては、あまりにも高レベルな学生たちを見て「すげ~!!」と興奮するばかりですが、安宅晃樹さんも2013年にテレビ朝日系の「Qさま」に出演経験があるようです。

この時は東大軍団の1人として、東大卒業生にまじり現役生として出演されていますが、やはりそのルックスからの選出だったのでしょうか。

イケメンってやはり得ですね(笑)。

そんな顔も頭もいい安宅晃樹さんですが、新入社員の研修日誌をホームページで見ると、その内面が見えてくるような気がします。

1つ1つの研修の中にも、マインド、つまり心や気持ちの持って行き方などを考えられていて、日々そんな考え方をされていたら、きっとこれからの伸びが早いだろうな~と思えてきます。

さすが、4人の中でも年長リーダーということだけはありますね。

モットーも「耐雪梅花麗」ということで、シブいです。

梅の花は、寒さに雪にも負けずきれいな花を咲かせますが、いろんな苦難などを乗り越えるからこそ大きな成功が待っているというもの。

桜よりも梅の花が好きな私は、この言葉が大好きです。

そして、その言葉をモツトーに選ぶ安宅晃樹アナウンサーは、きっとただものではないですね。

報道志望ということで声も落ち着いていますし、これからの活躍が楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ