カップヌードル新cm曲はバンプ!魔女の宅急便篇は声優陣も豪華すぎ


カップヌードルがまたもやハートくすぐる新CMを打ってきましたね。

題材は、あのジブリの名作「魔女の宅急便」。

17歳の女子高校生になったキキと同級生とんぼが登場する今回の新CMは、曲がバンプオブチキン、声優陣に浜辺美波や梶裕貴という超豪華な内容になっています。

「魔女の宅急便」は子供と一緒に軽く100回は見ていますから、まさかその後のキキととんぼにこんなところで会えるなんて感激ですが、CMの内容がまたすごくいいんです。

今回は、カップヌードルの新CM魔女の宅急便篇に迫ってみます。

カップヌードル新cm曲はバンプ!

6月19日からオンエアされているカップヌードルの新CMは魔女の宅急便篇。すごくいいですよね!!

「魔女の宅急便」と言えば、1989年に大ヒットを記録したジブリ作品ですが、今回、そのアナザーストーリーがカップヌードルのCMで見られることになったわけです。

30年近く前の作品とは言え、ずっと受け継がれてきたすばらしい内容なだけに、今回の話も持ち上がったんでしょうが、実際、私も見てみて、ほんの数秒のCMに胸がドキドキしてしまいました。

そのドキドキの要素の1つが、やはりそのCM曲。

青春の鼓動の早さを感じさせるような音楽は、今回、バンプオブチキンが担当しています。

タイトルは「記念撮影」。

バンプオブチキンの新曲になります。

バンプ自身も、メンバー全員が小学4年生の時に公開された映画だからか、そのCM曲を手掛けられるということでとにかく嬉しかったそう。

30秒どころか15秒聞いただけでも、その曲の良さが伝わりますよね。

今記事を書いている段階ではフルバージョンを聞くことができませんが、早く聞いてみたいものです。

魔女の宅急便篇は声優陣も豪華すぎ

今回のカップヌードルCM篇は、漫画家の窪之内英策さんがイラストを担当しています。「ツルモク独身寮」を書かれた方ですね。

17歳に成長したキキもとんぼも、現代にマッチしていてイマドキです。

そして、そのキキの声を担当しているのが今注目の女優・浜辺美波さん。

この夏注目の映画「きみすい」こと「君の膵臓をたべたい」で主演を果たすことで注目も浴びている浜辺さんです。

映画版の高山みなみさんのキキの声が、多くの人たちの頭にこびりついている中、きっと大変な重責だったと思いますが、とても初々しいキキに仕上がっていますね。

ラストの「大好き!」が効けています。

対して、とんぼの声を務めたのは、声優の梶裕貴(かじゆうき)さん。

こちらはさすがに声のプロとあって「キキ…」のひと言だけでもシビれます。

CMだけと言わず、もっと長いストーリーで梶さんのとんぼの声を聞いていたい、、、と感じたのは私だけでしょうか。

横浜で聖地巡礼!?

今回のカップヌードルの新CMの舞台は「横浜」。

実際に横浜の街をロケハンして作りこまれたということで、今はやりの聖地巡礼もできるのかもしれませんね。

CMということで、1つ1つのコマにその仕掛けがしてあるようなので、お近くの方はそれもアリかも。

あの高校も実際に存在するのかなぁ。

聖地巡礼と言えば、描かれたシーンと同じ場所で同じような写真を撮ることがお決まり。しかし、今回ばかりはキキがほうきに乗って飛ぶシーンは難しいかもしれませんが(笑)。

久々に「魔女の宅急便」に触れ、ジブリ版が見たくなりました。黒猫のジジは今回もほとんど同じ感じで懐かしかったですし、100何回目かの「魔女の宅急便」を見てみようかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ