ドラムタオ(DRUM TAO)のメンバーがイケメンすぎる!個人的オススメを紹介!


テレビのCMで「ドラムタオ(DRUM TAO)」の迫力ある和太鼓の演奏を見たことが有る方も多いと思います。

また、日本はもとより、世界各地をくまなく回って公演を続けていますから、実物のドラムタオを見たこともある方が多いかもしれませんね。

何でも動員数700万人を突破したと言いますから、どれだけ魅力的なメンバーが集まっているかがわかりますね。

今回は、そんなドラムタオ(DRUM TAO)のメンバーを紹介。そして、中でも気になるイケメンを見たこともピックアップしてみます。

ドラムタオ(DRUM TAO)のメンバー紹介!!

1993年、愛知県で結成されたドラムタオ。

元々は、現在は代表を務める藤髙郁夫さんのもとに集まった和太鼓の経験者7名で結成されたグループです。

それが24年経ち、現在ではホームページによると、メンバーは28名。

すごい大所帯に成長しましたね。

グループを結成し、2年後には本拠地を大分県の緑豊かな山奥に移転。

ここで、メンバー全員が共同生活を送っているそうですが、驚くのがここでの生活。

食事も当番で自分たちで作り、衣装や太鼓もすべて自分たちで管理。

プライベートが保たれるのは6畳ほどの自室のみという徹底ぶりなんだとか。

だからこそのTAOの一体感なのかもしれませんね。

そして、この男だらけの軍団を率いる座長が、2014年から4代目の座長に就任した西亜里沙さん。

代表の藤高さんに認められての、座長就任だっだそうです。

しかし、座長に撰ばれただけのことはあり、おっとりとした田舎育ちの女性が、太鼓に対すると途端に表情を変えるのだと言います。

思うに、女性ならではの気配りなども持ちあわせているからこその抜擢だったんでしょうね。

以下、現在のメンバーを挙げてみます。

西亜里沙
河原シンゴ
原崎太郎
高山正徳
山口泰明
小川 拓斗
岸野央明
谷中宏康
神竜大
相戸喜代子
清田慎也
水藤義徳
山本啓介
江良拓哉
中田勝平
中井沙紀
麓大輔
黒柳夏子
福水創志郎
林祐矢
山口竜昇
生越寛康
中村優
浜田翔哉
荻野靖晃
前田優樹
比和野航大
原口純一

 

メンバーがイケメンすぎる!!

筋肉隆々のメンバーがそろっていることは、DRUM TAOの大きな特徴ですが、その筋肉のせいか、顔も数段かっこよく見える男性メンバー。

イケメンの基準は人によって違うとは言え、筋肉のおかげもあってみなさん何割か増しに見えますね。

ここでは、私が個人的にイケメンだと思うメンバーをピックアップしてみたいと思います。

まず、なんと言っても江良拓哉さん。

ひげも雰囲気があっていいですね。コシノジュンコさんがプロデュースするという衣装も似合っていますが、私服もまたオシャレな感じ。

そして、河原シンゴさんもファンが多いイケメンですね。。

33歳にしては童顔な気もしますが、太鼓に向かう姿は「男」そのもの。

そのギャップに萌える女性も多いのではないでしょうか。

個人的に好きな顔は、山口泰明さん。

髪の長い男の人って、何だか色気を感じますよね。

今年2017年も、全国津々浦々をめぐるDRUM TAOの皆さん。

NHKのあさイチにも出演されるようですが、他のメディアへの出演でPRも余念がない様子です。

ぜひ皆さんのお住いの地域にTAOの太鼓の音が聞こえたら、会場に足を運んでみませんか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ