秋元康のラストアイドルの狙いは?いつからいつまで何人と争うのか?


秋元康さんがまたもやとんでもない企画を立ち上げましたね。

その名も「ラストアイドル」。

これまで数々のアイドルを発掘してきた秋元康さんですが、今回は「ラスト」と題して最強のアイドル7人組を作り上げると言います。

かなり壮絶な争いが予想されるわけですが、いつからいつまでその争いは繰り広げられるのでしょうか?

結果、何人に勝てばラストの7人に生き残れるのか?

応募要項などを見ながら、ラストアイドルの狙いに迫ってみたいと思います。

秋元康が仕掛ける「ラストアイドル」とは?

一昔前はおニャン子クラブ、そして平成になってからはAKBグループと、多くのアイドルを発掘してきた秋元康さんが、新しいオーディションを仕掛けてきました。

その名も「ラストアイドル」。

テレビ朝日で8月から毎週放送されるオーディションですが、その内容がかなりえげつないです。

まず7人の候補者を決める。

毎週1人挑戦者が登場し、7人のうち1人を指名し、パフォーマンス対決をする。

挑戦者が勝てば、元メンバーと入れ替える。

これが毎週続き、最後に勝ち残った7人が晴れてデビューとなる。

と言った具合です。

「冠番組のレギュラー番組がテレビ朝日で準備される」

「秋元さん書き下ろしの曲でメジャーデビュー」

「週刊誌の表紙に載れる」

という特典も決まっているようで、かなり豪華ですね。

秋元康さんいわく、

アイドルの原石は多くの発掘人たちの手を借りて見つけ出さないといけないし、原石は原石をもって磨く。

さすが秋元さんですが、かなり熾烈な闘いでしょうね。

番組の演出も「料理の達人」や「クイズミリオネア」の演出家が行うそうですので、これでもかこれでもかと言った感じの盛り上げようでしょうね。

審査員にどのような面々が選ばれるのかはまだわかりませんが、ここにも面白い人たちがあつまりそうですね。

いつからいつまで何人と争うのか?

初回の収録は8月6日とされています。

初回審査を書類で通過すれば、2次では歌と面接、3次では歌と面接に加えダンスも審査されます。

そして本番では、そこにバトルの要素が加わりますので、かなりの準備が必要でしょうね。

ちなみに、いつからいつまでこのオーディションが続くのかと思ったら、長くて5ヶ月間とのこと。

2017年いっぱい、参加者にとっては長い長い、見るものにとっては面白いバトルが毎週続くわけですね。

初回から生き残るとすれば、最高20回程度のバトルの場にさらされるということになります。

挑戦者も、わざわざ強敵に闘いを挑むことはしないでしょうから、初回のメンバーがとても気になりますね。

初回の7名を決めるオーディションの中で、挑戦者も決めるとのこと。

ダンス審査もあるものの、ダンスはできなくてもいいとホームページにはありますので、その後のトレーニングでどうにかなる程度なら問題ないのでしょう。

このオーディションの面白いところは、プロアマ問わず応募できるということ。

それくらい、強い要素を集めて、その化学反応を狙っているのかと思いますが、SNSなどでは既存グループはいよいよ置き去りなのか?という声も聞こえます。

アイドルはやはり「旬」があるものですし、現代のアイドル飽和時代に区切りをつける意味でも「アイドル・オブ・アイドル」のような7人組が誕生すると面白いですね。

この発表を、AKBグループの皆さんはどんな思いで聞いたのでしょうね。

参戦発表が続くのでしょうか?

7名が決まるまでにもう一ヶ月もないというスケジュールのタイトさです。

これからの続報に目が離せませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ