橋本健の嫁は誰?神戸市議会議員の歯科医が今井絵理子と不倫


元SPEEDのボーカルで、現在は政治家として活動中の今井絵理子さんの不倫騒動が持ち上がりました。

相手は、神戸市議会議員の橋本健氏。

嫁も子どももいるということで「奪略不倫」とも言われています。

歯科医でもある橋本健氏ですが、嫁とは別居しているとも伝えられていますが、どんなお嫁さんなのでしょうか。

加計問題に日報問題と、日々揺れている政界に、また一つ頭の痛い問題が加わってしまいました。

どう決着するのでしょうか。

 

橋本健とはどんな人?

今回、週刊新潮の取材で明らかなった、今井絵理子さんと神戸市議会議員・橋本健さんの不倫疑惑

2016年に国会議員となったばかりの今井さん、それも聴覚に障害のある子どもさんを抱えるシングルマザーの奮闘ぶりがクローズアップされていただけに、不倫が本当だとしたら、大変残念なことです。

そこで気になるのは、お相手とされる橋本健氏のこと。

橋本氏は1980年、神戸市生まれ。

地元の小中学校を卒業し、高校は県立長田高校へ進学。偏差値は70程度と兵庫県内でも有数の進学校で、映画評論家の淀川長治さんや、ダイエー創業者の中内功さん、フジテレビの伊藤利尋アナなど錚々たる面々を輩出している学校です。

そして大阪大学の歯学部へ進んだ後は、歯科医師免許を取得。

神戸市中央区に「神戸中山手歯科」を開業されています。

と、歯科医師だけでも十分に多忙な毎日のはずですが、大学卒業の2年後には神戸市会議員選挙に当選。議員活動も始めています。

20代にして、歯科医と議員の二足のわらじ。

神戸の有権者の方には、どんなふうに写っていたのかわかりませんが、かなりの期待は寄せられていたはず。5260もの票を集め、2回めの当選のときはトップ当選。今期で3期目となり、委員会でも活躍をしていたようです。

 

橋本健の嫁はどんな人?

橋本議員は現在37歳。嫁と2人の子どもとの4人家族だそうです。

しかし、週刊新潮によると、すでに別居状態にあるとか。

橋本議員の嫁とはどんな人なのでしょうか。

ホームページのプロフィールによると、橋本議員は大学4年の時に学生結婚をしたと書かれています。

お嫁さんとは高校時代からの付き合いだったようですが、歯学部と言えば6年。それをあえて学生結婚までした理由は明らかになっていません。「できちゃった結婚」ではなかったということですが、相手の都合もあったのでしょうか。

週刊新潮によれば、別居状態にあるということですが、夫婦仲はうまくいっていなかったのかもしれません。

議員という職はとにかく多忙を極めます。

加えて歯科医院を経営となると、家族を顧みる時間はなかったことも考えられます。

幼い子ども2人を育てる生活の中で、お嫁さんが孤独感に苛まれて別居を選んだということは十分に想像できますね。

高校時代の同級生ということですので、お嫁さんもかなり頭のよい女性のはず。

夫は、外で議員として、歯科医として活躍している中、自分は家庭に入り…と考えることもあったのではないでしょうか。

真実はわかりませんが、今、またお子さんを抱えて辛い立場に追い込まれているはず。お察し致します。

 

今井絵理子、橋本健、残念すぎる…

最近は、いろんな事件やニュースが一部分だけを切り取って報道されることがあるので、今回も週刊新潮の記事を鵜呑みにすることはできません。

しかし、週刊新潮が公表している写真を見る限り、不倫という事実があったのは間違いない気がします。

今井さんは、最初の結婚で授かった子どもに聴覚の障害があり、歌手としても活動するかたわら、福祉の方面での活動が認められて議員にまでなった方です。

一方、橋本議員も、きっと恵まれた家庭環境に育ったのだとは思いますが、志も高く、歯科医師としても活動しながら、政治の道にも進まれていました。

他人の立場に立って考えを巡らせなくてはならない人たちが、どうしてもっと慎重な行動がとれなかったのかと思います。

男女が惹かれ合うのは、自然のことだと思います。

しかし、橋本議員は家庭のある身。そのことを今井さんはもっと真剣に受け止めるべきでした。

慕う気持ちがあるのなら、余計に慎重になるべきでした。

今後、どのようにこの出来事が進んでいくのか静かに見守りたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ