藤光謙司が世界陸上リレーに選ばれた理由!金箔ランナーとは?


世界陸上2017の4×100mリレーで銅メダルを獲得した日本男子チーム。

予選を走った4人で決勝に臨むのかと思いきや、アンカーを任されたのはケンブリッジ飛鳥選手ではなくベテランで金箔ランナーとも言われる藤光謙司選手でした。

強敵ジャマイカのまさかのアクシデントがあったとは言え、3位に食い込み銅メダルを手にした日本チーム。

藤光選手が選ばれた理由は何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

藤光謙司が世界陸上リレーに選ばれた理由

ロンドンで開催されている世界陸上2017。

最近の日本の陸上界は、サニブラウンさんやケンブリッジ飛鳥さんなどのハーフ選手などが日本の短距離界で頭角を現し、かなりの盛り上がりを見せていることもあり、今回の世界陸上も注目度が高まっていますね。

リオ五輪で見事銀メダルを獲得した4×100mリレーには、特に期待が高まっていましたが、予選を6位のタイムで通過

ジャマイカはボルトがいるし、アメリカは強いし、イギリスはホームということで力もうなぎ上り…と、やきもきしながら見ていましたが、結果は3位。銅メダル獲得でした。

というのも、バトンを受けたジャマイカ・ボルト選手が脚を痛めて棄権。

4位を走っていた日本が3位に食い込めたというわけです。

そしてそのフィニッシュラインを踏んだのが、予選には出場していなかった藤光謙司選手でした。

日本の多くのファンが、予選と同じメンバーで決勝に臨むものと思っていたはず。

しかし、そこに冷静に判断をくだしたのが、コーチの苅部俊二(かるべしゅんじ)さんでした。

予選を突破こそした日本チームでしたが、ケンブリッジ選手のバトンに不安があるのは、素人目にも明らかでした。

7月後半の合宿でも脚を痛めていてほとんど走れていなかったそうで、予選での走りを見た苅部コーチは、決勝の6時間前に厳しい決断をくだしたそうです。

リオ五輪でも補欠として同行していた藤光選手。今回も補欠ながら、準備と調整は入念に行っていたようで、ロンドン入りしてからも調子はどんどん上がっていたと言います。

そこでの苅部コーチの英断。

当然、交替を言い渡されたケンブリッジ選手は動揺していたと言いますが、そこは勝負の世界です。

悔しさが次の走りへのよいステップになるのではないでしょうか。

予期せぬアクシデントがあったとは言え、堂々の銅メダル。すばらしいですね。

 

藤光謙司と言えば金箔エステ!?

イケメンということでも人気のある藤光謙司選手。テレビで見る分にはあまり気づきませんが182センチと長身で、速水もこみち似とも言われているようですね。

そんな藤光選手と言えば、なぜか金箔ランナーとも呼ばれていますが、金箔ってどういうことなんでしょうか。

藤光選手が足繁く通うというのが、千葉県白井市にある金箔エステサロン「ぐり~んりぷる」

いろんな施術が受けられるようですが、中には「アスリートコース」というのも準備されていて、

金箔エステ
酸素カプセル
コラーゲンマシン

という藤光選手らが好んで行う施術がミックスされた夢のコースとなっているようです。

イケメンと言われる顔だけでなく体にも金箔パックを施すそうですが、これまで故障が多く、体のメンテナンスには人一倍気をつかってきた藤光選手を今回の銅メダルに導いた要因がここにあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

藤光謙司選手の今後に期待!!

今回のリレーメンバーのうち、多田選手と桐生選手は21歳。

なんと藤光選手と10歳の差があります。

アスリートの10歳差がどれくらいのものなのか素人にはよくわかりませんが、今回の走りを見ればその技術や体力面では引けをとりません。

そして、精神的なことを考えれば、きっとよき先輩として日本チームを引っ張る立場なのだと思います。

まだまだこれからも現役選手として日本チームを引っ張って行ってほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ