紗栄子が子供をイギリスの学校(ラドグローブスクール?)に通わせる理由!


何かといろんな話題を提供してくれる紗栄子さんですが、ZOZOTOWNなどを経営する前澤友作社長と破局したことが話題になっています。

破局と言っても、もめて別れた訳ではなく、その理由は紗栄子さんが子供たちをイギリスの学校に留学させるためと言いますから、また驚きです。

高学歴を望むなら日本にも多くの学校があるのでは?と思いますが、どうしてイギリスの学校を選んだのでしょうか?

紗栄子さんの息子さんたちの年齢から考えて、ラドグローブ・スクールに通われるのではないかと思いますが、どんな学校なのでしょう。

そこには紗栄子さんのいろんな思いが見えてきます。

 スポンサーリンク

 

紗栄子の破局は子供のためだった

紗栄子さんには2人の子供さんがいます。

父親は、現在、大リーグで活躍中のダルビッシュ有投手。

2人は2007年に結婚し翌年長男の蓮くんが、そして2010年には次男の塁くんが誕生しました。

しかし価値観の違いや生活のすれ違いから2012年1月に離婚。

その後、紗栄子さんはシングルマザーとして2人の子供を育ててきました。

しかし2015年の暮れ、今度は前澤友作さんとの交際を公にし、2人の子供たちと4人での暮らしを始めていた紗栄子さん。前澤さんが千葉にとんでもない豪邸を建築中ということから、結婚間近ではないかと言われていましたが、今回の突然の破局報道。

世間は「一体、どうなってるの!?」と驚いたわけですが、そこには紗栄子さんの大きな決断があったようです。

それは、小学4年と2年になる2人の息子をイギリスの名門学校に入学させるための別れの決断だったのです。

 

紗栄子が選んだイギリスの学校とは?

そんな大切な息子たちのために紗栄子さんが選んだ学校は、日本の学校ではなくイギリスの学校でした。

将来的に大学に進学することを考えると、アメリカという選択肢もあったかもしれませんが、紗栄子さんが望んだのは、芸能人の子供として特別な目で見られない環境。別れた前夫であるダルビッシュさんが暮らすアメリカは、このことが理由で候補から外されたのではないかと言われています。

子供の留学先について報じた「女性セブン」によると

・ロンドンの中心地から車で1時間弱のところにある
・8歳から13歳までの成績優秀な生徒が通う名門私立校
・ウィリアム王子、ヘンリー王子などの英国王室御用達

とされています。

多くの情報では「イートン校」に入学とされていますが、イートン校は13歳から18歳までの子供たちが通う学校。

紗栄子さんの息子さんは、現在7歳と9歳です。

ということは、ウィリアム王子やヘンリー王子がイートン校の前に通われていたラドグローブ・スクール」が条件として当てはまる気がします。

紗栄子さんの息子さんたちは、とても優秀なようで、語学も英語の他にフランス語も習わせ、公文ではすでに中学生レベルの問題をこなしているとか。

でも勉強だけではなく、スポーツにアートにと幅広い教育を与えてきたそうで、今回の名門私立校合格もこれまでの紗栄子さんの教育の賜物かもしれませんね。

  スポンサーリンク

紗栄子の子育てに思う

テレビで紗栄子さんはどこを目指しているんだろうと言われたりもしていましたが、紗栄子さんが目指すのは「世界基準」の子供たちなのだと言います。

自身も裕福な家庭に育ち、最初の旦那さんは世界を股にかけ活躍する野球選手、最近まで生活を共にしていたのは世界を相手にビジネスをする男性でしたから、この考えも納得です。

自身も、途中で中退したものの、自力で早稲田大学に入学するほど向上心のある人物。

子供に思い描く未来もきっと大きなものだと思います。

これまで、私の紗栄子さんに対する印象は、男性に寄生して上手に生きる女性でしたが、今回のことで少しその印象が変わりました。

ダルビッシュさんと別れた後、母親として2人の息子を育てる覚悟を決め、いろんなことにチャレンジして来られたことも知りました。

ダルビッシュさんとの離婚で慰謝料も受け取らず、息子さんたちへの月100~200万円と言われる養育費にも手をつけず、本当に自分力で子供を育てようとする姿はかっこいいなと思います。

いろいろとアンチな意見があるのも事実ですが、息子さんたちがその環境を受け入れ、イギリスでのびのびと生活されるのならそれは最良の選択ですし、誰が何と言おうと気にする必要はないですね。

1人の母親として、1人の母親・紗栄子さんを応援したいなと思ったことでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ