香川沙耶が太ってた?10頭身ハーフモデルが体重を保つ方法が厳しい


ハーフモデルの香川沙耶さん。

10頭身とも言われる抜群のスタイルの持ち主ですが、過去には太ってたなんて信じられますか?

個人的に、こういう人たちは太ることとは無縁と思っていたので意外です。

43キロに体重をキープするダイエット方法を聞いてみるとなかなかハードですが、これくらいしないとあの体は出来上がらないのかも…。

今回は、ハーフモデルの香川沙耶さんに迫ってみます。

スポンサーリンク

 

香川沙耶が太ってたなんて!!

ハーフモデルの香川沙耶さん。

父親が日本人、母親がフィリピンの方だそうです。

お母さんは、スペイン系のフィリピン人と言いますから、ハーフよりも多国籍な感じ。香川さんの雰囲気にもその血は表れているような気がしませんか。

東京で生まれたあと、すぐにフィリピンに渡った香川さん。

小学4年生までを過ごして、日本に戻ってきたといいます。

と、ハーフとは言え、スペインの血も混じっているとは言え、顔立ちだけではなくあのプロポーションはなかなかレアな気がします。

でも、香川さんも過去には太ってた時代があったと言うから驚きです。

それは、過度なダイエットをしたためかリバウンドしてしまい、現在は43キロをキープしている体重ですがプラス10キロほどになったこともあったとか…。

って、庶民から考えると、170センチで53キロなんて、かなりスタイルがいい部類に入りますが、モデルともなるとそれは許されないことなんですね。

モデルって大変…。

もちろん、その頃の画像もないので確認はできませんが、今よりは少しお肉がついている程度で、きっと香川さんの可愛らしさには何の支障もないと思います!

 

10頭身ハーフモデルのダイエット方法は?

もともとスタイルがよいということはあると思いますが、今考えると、一番カラダが成長する時期に、おばちゃんが脚をマッサージしてくれたという香川さん。

そのおかげか脚もすら~っと長くなり、今年3月に行われた「ベストボディ・インターナショナルホノルル大会」で見事グランプリも受賞されました。

ボディに特化したこんな大会で優勝するなんて、日頃からどんなことをされているのか気になりますよね。

これがなかなか大変のようです。素人目には…(苦笑)

・自分のペースに合わせてジムに通う

・出るところを出し、かつ、引き締まったボディにするためしっかり食べるが、糖質は控えめにする

・撮影前日は炭水化物はとらない

・普段の生活から常に体幹を意識する

・全身鏡で自分のボディを見て体型を意識する

う~ん。簡単そうで、これがずっと続くとなると難しいですね。

意識の中にずっと「私はモデル!!」という気持ちを置いておかないといけないということですからね。

でも、だからこそのあのボディ。

すこ~しだけ見習ってみないといけませんね。

スポンサーリンク

近藤春菜さんとの2ショットが可哀想…

テレビ番組でツーショットを披露した、香川沙耶さんと近藤春菜さん

ネットでは「公開処刑」と称されていますが、香川さんの横に並べば、ほとんどの女性がこの状態になるはず。

身長170センチで股下が87センチ。異常とも言えるような脚の長さですからね。

ご本人はO脚にならないようにと、毎日マッサージを欠かせないそうですので、スタイルがいい人にはその人なりの悩みがあるものです。

ちなみに、

股下÷身長×100】で算出した数値が45%だと平均なんだそうですが、香川さんの場合、これが51%

これはモデルにしても長過ぎるぐらいの脚の長さだそうです。

羨ましいばかりですが、せっかく天から頂いたそのスタイル。

ぜひその美しさとスタイルを活かして、もっと世界で頑張ってほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ