エボラ出血熱の感染経路は?治るのか?現在の日本で対策が必要なの?


毎週、ドラマ「コードブルー」から目が離せません。

先日大学病院に入院していたら、ドクターヘリが到着するたびに「窓をお締めください」と全館放送がかかっていましたが、ドクターヘリが出動しなくて済むような世の中が理想ですね。

と、毎回、いろんな題材が取り上げられている「コードブルー」ですが、「エボラ出血熱」が登場するようです。何だか久々に聞いた気がしませんか?

どんな感染経路で、感染してしまったら治るのか、記憶から消えてしまった方も多いのでは。

久しく耳にしないということは、現在の日本ではあまり対策はいらないのでしょうか?

今回は「エボラ出血熱」について調べてみます。

スポンサーリンク

 

エボラ出血熱の感染経路は?治るの?

日本でエボラ出血熱について大きく報道されたのは2014年のこと。

ギニアから始まり、西アフリカで大流行し、遠く離れた日本に住む私たちも脅威を感じたものです。

気になるのはその感染経路ですが、アフリカでの大流行は、地元に野生しているコウモリが感染源でした。これに人が触れることによって、感染したものと思われます。

エボラウィルスは、「口・鼻・目・傷」から体の中に入り込み、感染者の血液はもちろん汗からも感染してしまいます。

アフリカでは、土葬の文化が広く根付いていて、遺体に手や口で直接ふれる機会も多いそうですが、遺体からも感染することがわかっています。

このようなことが重なり、アフリカでの感染が爆発的に広まってしまったようです。

その病名の通り、体の内側と外側で出血が続き命を落してしまう恐ろしい病ですが、治る確率は平均約50%ほど

2014年の大流行当時は効果のある薬もなかったようですが、その後ワクチンが開発されつつはあるようですが、まだ確率はしてないとのこと。

一日も早く確実なワクチンが開発されるといいですね。

 

現在の日本で対策が必要なの?

「コードブルー」に取り上げられるほどだから、今もアフリカでは発生しているのかと思い調べてみると、コンゴで5月に発生し亡くなった方もいるようですね。

しかし、7月にはそれも終息宣言がなされたようで安心しました。

でも、またいつ発生するかわからないエボラ出血熱。

日本では、対策はされているのでしょうか。

厚生労働省のホームページによると、水際での対策はきっちりとされているようで、流行などの兆候が見られた場合は、緊急の体制が取られるように整備されているそう。

潜伏期間が2日から21日と幅が広いですが、発熱から症状が始まるようなので、該当する国に行かれた方たちの正しい対処が一番の対策となりそうです。

スポンサーリンク

 

正しい知識をつけるよいチャンス!

ある程度のサイクルで、国内外に端を発する感染症の情報に踊らされることの多い私たち。

流行するとテレビや新聞などのメディアでいろんな情報を得ようと必死になりますが、喉元過ぎれば何とやらで、多くの日本人にとって「エボラ出血熱」は過去のものだったのではないでしょうか。

「コードブルー」では、西アフリカ帰りの患者に刺した針が誤って緋山先生に刺さり、感染症が疑われるようですが、こんな事態は確かにドラマの世界。

でも、日本国内にいろんな不運が重なって病気が持ち込まれる可能性はゼロではありません

グローバルな時代になり、気軽にアフリカに旅に出かける方も増えています。

そんな物騒な病におかされないことが第一ですが、もしそんな危険が日本にも及んだ場合、ある程度の知識を持っておくことはとても有益だと思います。

まずは「コードブルー」を見て、よく学びたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ