佳子様の留学先はイギリス・リーズ大学!費用は税金?海外の反応は?


秋篠宮家の長女・眞子様のご婚約が大きく報道され、とてもおめでたい雰囲気が漂っていますが、妹の佳子様はこの9月から留学されます。

その留学先はイギリス・リーズ大学

通われている国際基督教大学の交換留学プログラムを利用しての留学ということですが、気になるのはその費用。やはり税金からまかなわれるんでしょうか。

父親の秋篠宮様も、姉の眞子様もイギリス留学を経験されていますが、外国皇室の女性が留学しにくることに対し、海外での反応も気になります。

今回は佳子様の留学について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

佳子様の留学先はイギリス・リーズ大学!

現在、国際基督教大学3年生の佳子様。

以前ほどメディアが騒ぎ立てることもなく、公務のかたわらしっかりと勉学に励んでおられるようですね。

そして、いよいよ9月からはイギリスに10ヶ月間の短期留学に出かけられます。

留学先は、ロンドンから車で二時間ほどのところにあるリーズ大学

33,000名を超える学生が通うという総合大学で、佳子様のような留学生も年間に6,000名を超えると言いますから、とても刺激のある留学になりそうですね。

現地では、寮に入られるそうですが、寮と言ってもキャンパスの中だけではなく街なかにも点在しているそうで、スケールが違います。

キャンパス内にある寮でも、食事のついている寮もありますので、どのような学生寮に佳子様が入られるのかとても気になりますね。

姉の眞子様は、イギリス留学中に自炊をするために近所のスーパーでお買い物をされる姿などが目撃されていますが、佳子様も毎日ではなくとも自炊される機会もあるでしょうね。

眞子様が留学される際には、母親の紀子様からしっかりと心構えをレクチャーされたと言います。

しつけの厳しさでは定評のある秋篠宮家。佳子様にもきっとその教えが伝授されての出発でしょうね。

 

費用は税金から出すって本当?

子供を留学させることは、少し勇気のいることですが、とてもいい経験になることは言うまでもありません。しかし、その費用を考えると尻込みしてしまうものです。

今回の佳子様の場合、国際基督教大学の交換留学プログラムを利用しての短期留学ということで、学費と施設費は免除になるそう。

つまり、佳子様が支払う費用としては、渡航費、生活費、寮費、保険料、諸経費あたりかと想像できます。

国際基督教大学の提示している費用目安として、最高でも200万円程度のようです。

佳子様は成年皇族ということで、年に915万円の皇族費を割り当てられていますので、この中からその費用も賄われるのではないでしょうか。

皇族費がどこから出ているかと言うと、元をたどれば私たちの納めた税金であることは確かです。

そこをどう考えるかでしょうが、皇族の一員としてしっかりと学びを深めて頂けたら、と私は感じています。

スポンサーリンク

 

海外の反応は?

日本では大人気の佳子様ですが、現地でも護衛は現地警察がつくというものの、日本ほど厳重な警護が行われるわけではないようです。

日本のプリンセスの留学に海外、特に留学先のロンドンではどんな反応なのか、気になりますね。

留学が決まったことを現地で報じられるなり、やはりブーイングの声は確かにあったそう。

でも、イギリス人と言えば、やはりプライドが高そうというイメージがありますよね。

いくらロイヤルファミリーとは言え、日本からやってくる若い娘に最初から好意的でない人が多いのも理解できます。

メディアが報じているのも一部の声ですし、佳子様もそんな状況は百も承知のはず。

紀子様仕込みの真摯な態度、そしていつもの佳子様の笑顔で接すれば、きっと現地の反応もどんどん好意的になってくるでしょうね。

今回、佳子様は、パフォーマンス文化産業学科で学ばれます。

多岐にわたる分野の授業が行われるようですが、佳子様はここで舞台芸樹などを学ばれるのではないかと言われています。

将来、どのような職に就くかということを考慮しての留学であることも考えられますので、ぜひ、未来に結びつく何かを得ることができるといいなと思います。

2018年6月には帰国され、その後には眞子様の結婚式も執り行われるそう。

まだまだ日本のプリンセスの話題で来年も盛り上がりそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ