千秋がパワーストーンで大儲け!高いんじゃない?娘の学校はどこ?遠藤との離婚理由


バラエティ番組や情報番組などのご意見番、そしてママタレとしても人気の千秋さん。

そんな彼女が今、あのビジネスで大儲けしているそう。元夫ココリコ遠藤さんとの離婚理由などについても調べてみました。

 

千秋プロフィール

【生年月日】1971年10月26日
【出身地】千葉県市原市青葉台
【血液型】O型
【身長】151cm
【体重】40.2kg

千秋娘の学校は?

千秋さんは2002年にココリコ遠藤さんと結婚、その翌年に娘さんを帝王切開で出産しました。

娘さんの名前を『苺』ちゃんにしたかったそうですが、当時はまだ『苺』という漢字が名前として承認されず、娘さんのお名前は『いろは』ちゃんにしたそうです。

 

千秋さん、実は、有名会社の元社長令嬢であり、生粋のお嬢様なんです。そんな彼女は、娘さんをどのような学校に通わせているのでしょうか?

娘さんの学校として、一番有力な情報は、『学校法人和光学園』のようです。

こちらの学校は幼稚園から大学までエスカレーター式で進学できる私立学校です。芸能人のお子さんたちがよく通う学校としても有名で、次長課長の河本さん、哀川翔さん、ミスチルの桜井さんや藤木直人さんのお子さんも在籍しています。

 

千秋の大儲けビジネスとは?

千秋さんがあるビジネスで大儲けしているとの噂があります。さて、そのビジネスとは一体何なのでしょうか?

2004年に子供服ブランド『リボンキャスケット』を立ち上げ、藤本千秋の名でデザイナーデビューを果たし、今では年間50億の売り上げを誇っているという千秋さん。

そんな彼女が次に注目したのはパワーストーンブレスレット。アメリカラスベガスで『Love Stone』という会社を設立しました。千秋さんはご自身のブログ『いちごダイアリー』

今まで、パワーストーンって、数珠みたいでなんかあんまり欲しいのがなかったから。もっとオシャレで可愛いのがあればいいのに~って思ってて、だったら作っちゃえ!って。

と書いており、また、

地球上で1番のパワースポット、セドナとネイティヴアメリカンの大地から取れたパワーストーンをこれまた文明のパワーが集まりまくった不況知らずの眠らない街ラスベガスで加工して、ラスベガスからお届けします!!

と、かなり石のクオリティーにもこだわり抜いているご様子です。

女の子の心を鷲掴みにするデザイン

この千秋さんがデザインを手がけるブレスレット、とても可愛らしく、女性の心をギュッと捉えてしまうデザインばかりで、紗栄子さんや益若つばささんなどの女性芸能人も多数ご愛用です。

 

最低で1万円程度とちょっぴり高めの値段設定ですが、日に200万円以上の売り上げを記録するそう。しかし、石のクオリティーにこだわり、このデザインなら、お値段が張ってしまうのは仕方のないことかもしれませんね。

離婚理由は遠藤の浮気?

そんな千秋さんは2007年にココリコ遠藤さんと離婚

現在も千秋さんのブログに遠藤さんの名前がちょくちょく飛び出したり、一緒に娘さんの学校参観に出席をしたり、今尚、仲が良さそうなお二人。どうして、離婚しなければならなかったのでしょうか?

遠藤さんとの離婚には色々と諸説があります。遠藤さんが他の女性と浮気をしたからなんて噂もありますが、千秋さんからするとそれは、離婚理由の3番目か4番目なのだそう。

本当の理由は、お互いに多忙ですれ違うようになり、また、遠藤さんが千秋さんの実家に寄り付こうとせず、疎遠であったことが原因だったそうです。

本当の離婚理由に仰天!

しかし、ちょっぴりビックリな本当の離婚原因が明らかになります。

千秋さんは2014年4月1日に放送された『ビートたけしのTVタックル』で『整形美人はアリかナシか』について、他の共演者達と討論をします。

そこで、千秋さんは、『整形に反対』の意思を示し、しかし、”ずっと自分の小さい目がコンプレックスで、元旦那さんの遠藤さんの大きな目に憧れていた”ということを告白します。そして、娘さんが生まれた時、千秋さんは、ご自身にそっくりで、かつ遠藤さんに似た大きな目を持つ娘さんを見て、”私はこれで遠藤さんと結婚したんだ”と思ったと語りました。

そして、”自分は整形せずに娘で夢を叶えられたから、遠藤さんと結婚している必要がなくなった”と仰天な発言をします。千秋さん、見た目とキャラクター通り、決して裏切らない結構ドライな感覚をお持ちです。

千秋が人気の理由

千秋さんが人気の理由は、こんなところにあるのではないでしょうか。

千秋さんはその見た目のように心は少女的、でも、しっかり自分の意思を持った大人の女性なのです。そして、筋の通らないことにはバシッと発言できる正義感と、彼女の潔さが共感を呼ぶのでしょう。

千秋さん、これからもどんどん活躍の場を広げていくこと間違いなしですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ