山崎賢人がドラマデスノートでL役!松山ケンイチ超えは無理なのかLの最後から推理


『水球ヤンキース』『まれ』に出演し、大ブレイク中の山崎賢人さん。

そんな、山崎賢人さんが『デスノート』L役に決定!!イケメンすぎると話題の賢人さんですが、L役にしっかりハマることができるのか!?

今回の『デスノート』に関するエピソードを交え、検証していきます!

山崎賢人プロフィール

【生年月日】1994年9月7日
【出身地】東京都板橋区
【血液型】A型
【身長】178cm
【所属】スターダストプロモーション

 

L役にHey!Say!Jump!伊野尾慧の名前も?

新作ドラマ『デスノート』の制作が決定したことが発表されたとたん、超人気作なだけ色々な憶測が飛び交っていましたが、そんな中L役に決定したのが山崎賢人さん。

ドラマは日テレ7月より放送がスタートします。

新作ドラマ『デスノート』関して調べて行くと、L役にHey!Say!Jump!伊野尾さんの名前が!!

さらに、調べてみると、どうやら配役決定が発表される前には配役大予想大会がネット上では繰り広げられていたよう。

その中には、たくさんの俳優さんの名前が挙がっており、伊野尾さんも予想の中に入っていました。

ファンの方の期待から、『L役に伊野尾さん!?』という噂に繋がってしまったようですね。

 

印象が強い松山ケンイチのLを超えられるか!?

映画版『デスノート』で松山ケンイチさんがLを演じた際には、まるで漫画から本人が出てきたようだと話題になりましたよね。

そして、その演技にも大注目が集まり、最高評価を得ていました。

松山ケンイチさんは『カメレオン俳優』とも言われており、作品ごとに演技・外見に至るまで柔軟に転換させ、一貫して固定した役柄とイメージがないと類稀なる演技力をお持ちです。

まさに、Lの風貌までしっかりと演じきり、他の役者さんが演じるLをイメージできないとまで、称されていました。

 

根強い人気のL。山崎賢人のLが楽しみ

ネタバレになりますが、月はレムがLを殺さざるを得ない状況を作り出し、すべて計画通りにことを進め、Lはレムによってノートに本名だけを書かれ、心臓麻痺で死ぬことになってしまいました。

Lは心臓麻痺で死に行く際、月の凶悪顏を見て、キラが月であることを確信し、真相に達していたことを悟ります。

そんな、Lの性格に共感するファンも多く、Lの人気が根強く続いています。

山崎賢人さんは、デビュー以来数々のドラマや映画で主演を務め、演技派俳優として成長してきました。

2014年10月から上演された時代劇『里見八犬伝』では、演出の深作健太氏が『初めて会った時、主役は彼しかいないと思った』、『華がある役者』と太鼓判を押すほどの演技の実力をお持ちです。

あまりの印象が強かった松山ケンイチさんの「L」にプレッシャーを感じることもあるでしょうが、その演技力と好感度があれば、松山ケンイチさんのL役を超えることも期待できるのではないでしょうか。

配役は伏線が張られていた!?

イケメンすぎると話題で、しかも『華のある役者』と評価される山崎さん。

Lの暗いイメージや猫背の風貌とはリンクし難いですが、いろんな役を演じきってこそ、山崎さんの俳優としての今後の経験になって行くのではないでしょうか?

ちなみに、ドラマ「デスノート」の始まる直前の6月24日、日テレでスペシャルドラマ『永遠のぼくら sea side blue』が放送されます。

実は、このドラマ、デスノート」主役の月役、窪田正孝さん、L役山崎賢人さんが共演されているんです!!

あんなに大予想大会が繰り広げられていたのに、もう既に状線は張られていたのか?と勘ぐってしまいます。

なにはともあれ、山崎さんのLがどんな風に演じられるのか今からワクワクしますね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ