武田美保が父親に見た子供育ての神髄!旦那は三重県知事でイクメン!?


シンクロナイズドスイミングの選手としてオリンピック出場、メダル獲得経験を持つ武田美保さん。

現在は幸せな家庭を持っていますが、父親が病気になり大変な場面もあったよう。そんな父親が教えてくれた「子供を育てる」ことの基本を、社会に発信している武田さん。そのメッセージが心に突き刺さるんです。

武田さんの旦那である噂のイクメン三重県知事についても迫ってみます!

武田美保プロフィール

【生年月日】1976年9月13日
【出身地】京都府
【身長】165cm
【体重】54kg
【国籍】13歳のとき韓国国籍から日本国籍に帰化

父親が脳卒中を患う

現在は、ご結婚もされ、一児の子供さんのママになり、幸せに生活を送っている武田さんですが、実は父親脳卒中になってしまったそう。

元々お父様は内装関係のお仕事をされていたそうで、職人気質の性格なんだとか。

そんな、お父様が脳卒中になってしまい、その後遺症からか性格が変わってしまったと言います。

これまでに見たことのないくらいイライラしていたり、元々無口だったはずなのに延々と話し続けていたりと、家族で困惑の日々を送っていたようです。

武田美保の子供が天使すぎる

そんな父親を天使のように癒してくれる存在が、美保さんの3歳になる子供さんなんだそうです。

武田さんは、2012年6月4日に第一子「結大(ゆうだい)」くんを出産。

その当時、ブログにこんなコメントをされています。

「メチャメチャ嬉しいです!出産は想像以上に大変でめげそうでした。
十月十日待っていてようやく逢えたのでとてもかわいいです。
五輪の年に・・・縁を感じます。」

美保さんの子供さんが『じぃじ〜、抱っこ』とせがむとイライラしていたはずの父親の心が和み、その場の雰囲気が一気に好転。

そんな、武田さんの子供さんから癒されながら、脳卒中の後遺症にも負けず、心から直したいと、お父様はリハビリを頑張っていったそうです。

小さいお子さんの癒しの力ってすごいですね!

父親が子育ての基本を教えてくれた!

その父親について、武田さんは自身の連載「武田ビジョン」の中で「家族の大切さ」というメッセージを書かれています。その中で、

「私は周りの大人に恵まれました。両親は本当によく子供を見つめてくれました。
私は2人の兄がいますが、3人3様に接してくれました。
隠しごとなどできないぐらい、よく嘘を見抜かれました。
例えその時はうまく嘘でごまかせていても、なぜか時を長くせずにばれました。
みつめてくれていた証拠だと思います。」

「武田ビジョン vol20.『家族の大切さ』より抜粋」

と綴っています。親が自分を見てくれていることへの安心感は、直接子供の成長にひびくと筆者も思います。

「大人」が社会の中で「子供」に果たしていく役割について、こんなに熱い想いを持つ武田美保さん。

自身のお子さんについても、きっとそんな考えをしっかり伝え、すばらしい子育てを実践されることでしょう。

旦那さんは三重県知事なのにイクメン?

そんな、武田さんの旦那さんってどんな方なのでしょうか?

武田さんの旦那さんは、なんと三重県知事をされている鈴木英敬(えいけい)さん。

知人の紹介で知り合い、交際をスタート。1年後にゴールインされました。

この、鈴木英敬知事は灘高校から東京大学に進学・卒業されたという超エリート。超秀才!!

しかし、あっぱれなのは、全国の知事で2人目となる「育児休暇」を取った人だということ。日数は3.5日間と短くはありますが、年中無休状態の首長が「育児休暇」を取るという判断は、かなりのハードルの高さだったはず。

というわけで、現在コメンテーターとして活躍している武田さんも、選挙活動に参加し、甲斐甲斐しく旦那さんを応援している姿がテレビなどで見受けられます。

「子育てに社会の大人たち皆が関わること」を強くすすめる武田さんの姿勢は、旦那さんによるものも大きいのかもしれませんね。

今後の活躍に期待!武田美保

現在は、コメンテーター、旦那様の選挙活動、子育てといろいろと忙しそうな武田さん。

シンクロの指導者になることも目標においているそうなので、シンクロスイマーとしても、1人のママとしても、まだまだ目が離せません。

いろいろな可能性を秘めている武田さん。これからどんな活躍をされていくのかとっても楽しみです!

One Response to “武田美保が父親に見た子供育ての神髄!旦那は三重県知事でイクメン!?”

  1. 森恵子 より:

    子どもは本当に癒されますね。
    いくつになってもです。
    知事は灘高を卒業されているのですね。
    三重県は愛知県に比べ高校進学の選択肢が狭くなります。県境に住む学生は特にです。県を超えても三重県内の高校生に支給される助成金を県外の私学の高校生に進学する学生に頂けるように選択の幅を広げて頂けないでしょうか。子供たちに学習する選択の幅を広げてあげて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ