西村博之の現在の年収を管理するのは植木由佳!? 結婚理由がひろゆきらしい!


2ちゃんねるの開設者として有名な「ひろゆき」こと西村博之さん。

私生活はベールに包まれていますが、現在の年収や嫁と噂されている植木由佳さんとのことについてなど、ひろゆきさんの周辺について書いてみたいと思います。

2ちゃんねるの誕生まで

西村博之さんは、1976年11月生まれの38歳。

中央大学文学部教育学科心理学コースに進まれていますが、そんな学生時代に、不運にも原付バイクで交通事故に遭われ、その慰謝料を元手にアメリカに1年間留学。この留学期間中の1999年5月、ひろゆきさんが開設したのが「2ちゃんねる」です。

不運と思われた事故も、結果的にどう転ぶかわかりませんね。

ちなみに、この「2ちゃんねる」というネーミング。

諸説あるようですが、ひろゆきさん自身は、以前、テレビの2チャンネルがビデオやゲーム用のチャンネルだったことから、いろんな話題を取り扱う掲示板のネーミングにふさわしいとして名付けたんだとか。

チャンネル自体がすでに懐かしい響きですが、このような由来があったんですね。

 

常にトラブルだらけの2ちゃんねる時代

ひろゆきさんが、2ちゃんねるへの書き込みを放置したとして管理者責任を問われたのが2012年。

書類送検されつつも不起訴処分となり、その理由は明らかになっていませんが、ざっくり言うと悪質性がなかったからではないかと推測されています。

しかし、その後も、約1億円の申告漏れがあったことを東京国税局により指摘されるという騒動がありました。

ちなみに、ひろゆきさんのお父さんは国税局職員。現役かどうかは不明ですが、立場的にも「国税局職員の息子が多額脱税」というのは、なかなか辛い立場だったでしょうね。

思うに、頭の回転の速さや思考回路が一般人とはかけ離れているひろゆきさんですから、お父さんもわが子のこんな片鱗には幼い頃から気づいていたはず。

息子がいろんな騒動を起こすたび、どんなふうに考えられていたのか、子を持つ親としてはとてもひろゆきさんのお父さんに興味がわきます。

年収は国内ではなし!?

が、こんな追徴課税なんか難なく支払ってしまったひろゆきさん。相当の収入があるんだろうなぁと想像してしまいますが、現在の収入はどうなっているんでしょう。

しかし、収入の前に、ひろゆきさんの場合は、損害賠償請求を命じられている件が数十に及び、その総額は億の単位なんだとか。

ということで、給与を得ても差し押さえられ、日本国内では正規の形で給与は手に入らないんだそうです。

国税局職員の息子、かつこんなに顔が知れて有名人ながら、どれだけの人たちに後ろ指さされても、裁判所の出頭命令にも従わず、賠償金を払わない。

こんな態度は決して感心してはいけないんでしょうが、すごい…としか言いようがないですね。

 

植木由佳との結婚は驚きだらけ

そんなひろゆきさん。2014年に共同事業者であったジム・ワトキンス氏に、2ちゃんねるから追放されてしまいました。

ジム氏の言い分では、ひろゆきさんのせいで会社が資金難に陥り、従業員も解雇せざるを得ない状況になったからだとか。

いろんな憶測が飛び交っていて、その理由についてもグレーゾーンですが、こんな騒ぎが落ち着く間もなく、飛び込んできたのがひろゆきさんの結婚話です。

お相手は、削ジェンヌと噂されていた植木由佳さん。

削ジェンヌとは、2ちゃんねるのアクセス規制の責任者のようなもの。

一部デマ情報を削除するだけなら問題ないのでしょうが、削ジェンヌにとって不利だと判定された人は徹底的に削除されるということもあり、ネット上ではあまりよく言われないことの多い存在です。

そんな理由もあり、2014年4月19日に入籍したことを突如発表したときは、かなりの衝撃を世の中に与えました。

あまりお祝いムード一色とは言えない結婚だったようですが、ご本人も

「僕が長期滞在ビザを持っていて、彼女が持っていなかったので居れなかったんですよ。
外国に行こうとすると。それで、配偶者にしてビザをとったら楽だよねって話。」

ビザをとるために入籍したと明言されています。

これって一般的な女性の感想で言うと・・・ちょっと悲しいですね。

しかし、西村博之という人物と寄り添っていられるぐらいの女性ですから、そんな言葉になんて動じない方なのかもしれません。

 

ひろゆきの今後が気になる!!

噂では、この植木由佳さんがひろゆきさんの資金を管理しているらしく、二人の間にはお子さんもいらっしゃるとか。

とにもかくにもハッピーな家庭が長続きするよう願うばかりです。

 

世の中、突飛なアクションの起こせる人が必要というのは事実。

ぜひこれからは、世の中をいい方向に導いてくれるようなひろゆきさんの言動に期待したいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ